Rakuten infoseek

辞書

満漢全席【まんかんぜんせき】

大辞林 第三版

まんかんぜんせき【満漢全席】
中国料理で、2~3日かけて食べる、山海の珍味を集めた料理の称。満族と漢族の料理の集大成の意。ツバメの巣・フカの鰭ひれなど高級な材料のほか、熊の掌てのひら・象の鼻・蛇・猿なども用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

まんかんぜんせき【満漢全席】
山海の珍味を集めた豪華絢爛(ごうかけんらん)な中国の宴席料理。満州族と漢民族の料理を一堂にそろえた宴席の。2~3日かけて食べる。の手・の巣・象の鼻などの珍しく高価な食材も用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まんかんぜんせき【満漢全席 Mǎn Hàn quán xí】
中国で,象の鼻,毒,麝香猫(じやこうねこ),つばめの巣ふかのひれ,銀耳(シロキクラゲ)などの高級材料や珍奇な材料をぜいたくに用い,2~3日にわたって食べる料理で,満州族と漢民族の料理の粋を集めたもの。清朝第3代の乾隆帝が揚州を訪れたとき,塩で巨富を得た塩商が,山海の珍味を集め,満州風の手法もとり入れて料理をしたのを,満漢席と命名し皇帝に献上したのが始まりである。李斗の《揚州画舫録》に料理49種を記し,満漢全席というと記載されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

満漢全席」の用語解説はコトバンクが提供しています。

満漢全席の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.