Rakuten infoseek

辞書

満州映画協会【まんしゅうえいがきょうかい】

世界大百科事典 第2版

まんしゅうえいがきょうかい【満州映画協会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

満州映画協会
まんしゅうえいがきょうかい
1937年(昭和12)8月、当時日本が「満州国」とよんで植民地支配を行っていた中国東北部の新京(現長春)に、「満州国」の国策会社として設立された映画会社。略称「満映」。「満州国」政府と南満州鉄道株式会社が折半出資した。この会社は「満州国」の法律によって、この国における中国語映画の製作と、日本を含む外国映画の輸入配給権を独占した。製作スタッフの多くは日本から行った映画人たちであるが、俳優は中国人(満人とよばれた)を養成して出演させ、脚本家、監督、カメラマンなども徐々に中国人を養成して起用した。1939年には各100坪(約330平方メートル)ほどのステージ六棟を中心とする、当時「東洋一」と称された撮影所が完成し、甘粕正彦(あまかすまさひこ)が理事長に就任した。甘粕は、関東大震災(1923)のときに無政府主義者大杉栄(さかえ)と伊藤野枝(のえ)を殺して有罪となった元憲兵大尉であり、「満州国」をつくるにあたって特務機関の責任者として大いに暗躍した人物である。
 製作した映画はほとんどがたわいのない娯楽作品であり、そのなかにときどき日満親善のプロパガンダを盛り込んだものであった。代表的な作品には、柴田天馬(しばたてんま)脚本・大谷俊夫監督『(えんし)』(1942)、島津保次郎(やすじろう)脚本・監督『私の鶯(うぐいす)』(1943)などがあり、後者は李香蘭(りこうらん)主演である。李香蘭は山口淑子(よしこ)(1920―2014)という日本人であったが、創立の初期から中国スターとして売り出され、日本で人気が出て、日本に出張して数本のいわゆる「日華親善映画」に、日本男児を慕う中国娘の役で主演した。1945年8月の敗戦と同時に満映の歩みは終わり、甘粕理事長は自殺した。その後この撮影所は、中国共産党の最初の撮影所である東北電影製片廠(しょう)となり、もとの中国人従業員を中心に、日本人元従業員も多数参加して中国映画をつくるようになり、今日に至っている。[佐藤忠男]
『山口淑子他著『李香蘭 私の半生』(1987・文芸春秋) ▽山口猛著『幻のキネマ 満映――甘粕正彦と活動屋群像』(1989・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

満州映画協会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

満州映画協会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.