Rakuten infoseek

辞書

湯川秀樹【ゆかわひでき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

湯川秀樹
ゆかわひでき
[生]1907.1.23. 東京
[没]1981.9.8. 京都
理論物理学者。京都帝国大学理学部物理学科卒業 (1929) 。大阪帝国大学講師 (34) ,京都大学教授 (39) 。東京帝国大学教授兼任 (42) 。プリンストン高等研究所客員教授 (48) 。コロンビア大学教授 (49) 。京都大学基礎物理学研究所の創設に伴い初代所長 (53) 。 1934年核子間の力およびβ崩壊を媒介する場の粒子として,電子と陽子との中間の質量をもつ粒子の存在を予言した。続いて 36年K電子捕獲の理論を提唱。湯川の予言したπ中間子の実験的確認は 47年まで待たなければならなかったが,この間に 37年のμ粒子の発見をはじめ多くの素粒子の発見を刺激した。 43年文化勲章受章。 49年日本人として初めてノーベル物理学賞受賞。その後,非局所場の理論の展開に努めた。科学上の業績のほかに,パグウォッシュ会議,世界平和七人委員会などで科学者の平和運動に貢献し,また文筆にすぐれ,『湯川秀樹自選集』など多くの著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆかわ‐ひでき〔ゆかは‐〕【湯川秀樹】
[1907~1981]理論物理学者。東京の生まれ。小川琢治の三男。京大教授。中間子の存在を予言し、坂田昌一・武谷三男らと協力して中間子理論を展開。その後、非局所場の理論、素粒子の統一理論へと発展させた。パグウォッシュ会議参加など、平和運動にも活躍。昭和18年(1943)文化勲章受章。昭和24年(1949)、日本人最初のノーベル物理学賞を受賞。著「素粒子」「現代科学と人間」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

湯川秀樹 ゆかわ-ひでき
1907-1981 昭和時代の理論物理学者。
明治40年1月23日生まれ。地理学者小川琢治の3男。昭和10年「素粒子の相互作用について」で中間子の存在を予言。のちこれが実証され,24年日本人初のノーベル物理学賞を受賞する。14年母校京都帝大の教授。一時東京帝大,コロンビア大などの教授をかねた。28年京大基礎物理学研究所所長。核兵器廃絶,世界連邦建設などの平和運動に積極的にかかわった。18年文化勲章。兄に冶金学者小川芳樹,東洋史学者貝塚茂樹,弟に中国文学者小川環樹。昭和56年9月8日死去。74歳。東京出身。
【格言など】未知の世界を探究する人々は,地図を持たない旅人である

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

湯川秀樹
1907〜1981(明治40年〜昭和56年)【物理学者】日本人初のノーベル賞獲得。 中間子論は、クォークなど新素粒子発見のきっかけに。昭和期の物理学者。東京都出身。京大卒。1934年(昭和9)素粒子論原子核に働く中間子の存在を予言した。1937年アンダーソンがその存在を宇宙線に発見すると、坂田昌一らと中間子場理論を展開。1939年京都帝国大学教授。1948年プリンストン高等研究所客員教授に招かれ、翌年コロンビア大学教授。1949年日本人で初めてノーベル物理学賞を受賞した。1953年京都大学基礎物理研究所所長。1955年ラッセル・アインシュタイン宣言の共同署名者となるなど、平和運動にも貢献した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆかわひでき【湯川秀樹】
1907‐81(明治40‐昭和56)
理論物理学者。中間子理論をつくり出し,日本人として初のノーベル賞を受けた。地理学者小川琢治の三男として東京麻布で生まれたが,翌年父が京都大学教授となってから京都で育った。第三高等学校,京都大学で学び,朝永振一郎に出会い,終生の友となった。京大副手を経て講師となった1932年に,湯川スミ(父玄洋は大阪の胃腸病院長)と結婚して湯川姓となる。翌年大阪大学に講師として移り,ここで数年にわたる苦闘が結実して中間子の予言に到達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆかわひでき【湯川秀樹】
1907~1981) 理論物理学者。東京生まれ。小川琢治の三男。京大教授。核力を媒介する新粒子(中間子)の存在を予言、中間子場の理論を展開して素粒子論の新生面を開いた。1949年(昭和24)日本人として初めてノーベル物理学賞を受賞。その後素粒子に時空的な広がりをもたせた非局所場の理論、さらにそれを発展させた素領域の理論を提唱。また、核兵器の廃絶を訴え続けた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

湯川秀樹
ゆかわひでき
(1907―1981)
理論物理学者。地質学者小川琢治(たくじ)の三男として東京に生まれる。1929年(昭和4)京都帝国大学理学部を卒業、1933年大阪帝国大学助教授ののち、1940年京都帝国大学教授となった。一時、東京帝国大学、アメリカのプリンストン高等研究所、コロンビア大学などの教授を兼ねたが、1953年(昭和28)以降定年退官まで京都大学基礎物理学研究所所長の職にあった。
 1932年チャドウィックによって中性子が発見され、原子核が陽子と中性子とからなることが明らかになったが、それとともに、陽子・中性子を互いに結び付けている力が何であるかが大きな問題になった。一方、原子核のβ(ベータ)崩壊の研究から、当時未知のニュートリノの存在を仮定することが必要になってきていた。
 湯川は、荷電粒子間に働く力を電磁場が媒介するとの類推から、陽子・中性子を結び付ける未知の力の場があるとした。これに場の量子論を適用すると、場に伴うある種の粒子があることになり、力の有効距離の大きさから、その質量は陽子と電子の質量の中間と推定された。そのため、この粒子を中間子、その場を中間子場とよんだ。また、この中間子が電子とニュートリノとに崩壊するとして、原子核のβ崩壊をも統一的に説明する可能性を与えた。原子核のなかで陽子・中性子を結び付ける力とβ崩壊のメカニズムの詳細についてはもっと複雑であることが現在ではわかっているが、湯川の理論は、現在の素粒子論で典型的に使われる考え方を初めて導入したもので、物理学に一つの大きな流れを生じる糸口となり、それを契機として、素粒子論とよばれる大きな領域が発展した。
 この研究によって、1940年に学士院恩賜賞を、1949年に日本最初のノーベル物理学賞を、「核力の理論研究に基づく中間子の存在の予言」により受けた。このことが、第二次世界大戦後の苦難にあえいでいた国民一般に与えた精神的影響の大きさは計り知れない。とくに学問分野においては、若い研究者に自信と激励を与え、その後の日本の科学の発展の大きな支えとなった。
 戦後すぐに彼が創刊した欧文専門誌『Progress of Theoretical Physics』は世界の学界において高い評価を受けている。また、東洋思想に造詣(ぞうけい)が深く、優れた洞察に裏づけられた批判的精神をもって、近代科学の独自の発展を志向し、素粒子論のみならず、宇宙科学、生命科学などの発展にも大きな影響を与えた。
 素粒子論においては、現在もっとも高度の理論である場の量子論が基礎としている時間空間概念がきわめて素朴なものにすぎない点を改良することによって素粒子の統一理論を達成することを試み、その立場から、いままで考えられている場が時間空間の一点だけの関数であることを改良した非局所場の理論、時間空間の領域は無限に分割できるのではなく、分割不能な基本領域があるとする素領域の理論などを提唱した。
 世界平和をめぐる運動には長期にわたって献身的な努力を傾けた。1955年にラッセルとアインシュタインが核兵器に反対して有名な宣言を発表した際、他の多くのノーベル賞受賞者とともにその宣言に連署し、またこの宣言を契機として生まれたパグウォッシュ会議には、第1回(1957)以来、何回か参加して、世界の科学者の平和運動の中心人物の一人となった。世界平和アピール七人委員会の結成、科学者京都会議の開催、世界連邦建設運動などに、死の直前まで力を注ぎ、世界平和の達成、核兵器の廃絶に努力した。[町田 茂]
『『湯川秀樹自選集』(1971・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆかわ‐ひでき【湯川秀樹】
物理学者。東京出身。小川琢治の三男。京大・東大教授、京大基礎物理学研究所所長。中間子の理論的解明を行ない昭和二四年(一九四九)日本最初のノーベル物理学賞を受賞。また、パグウォッシュ会議参加など平和運動にも貢献した。文化勲章受賞。著「素粒子論序説」など。明治四〇~昭和五六年(一九〇七‐八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯川秀樹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湯川秀樹の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール名古屋(市)

他サービスで検索

「湯川秀樹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.