Rakuten infoseek

辞書

湯山 八重子【ユヤマ ヤエコ】

20世紀日本人名事典

湯山 八重子
ユヤマ ヤエコ

昭和期の女性 坂田山心中事件のヒロイン。



生年
明治44(1911)年

没年
昭和7(1932)年5月8日

出生地
静岡県富岡村

学歴〔年〕
領栄公女〔昭和5年〕卒

経歴
静岡県富岡村(当時)の代々の素封家の3女に生まれ、東京の頌栄高女に通っていた昭和4年、慶大学生の調所(ずしょ)五郎と出会い、恋愛関係に。胸の病気で高女を中退し、実家へ戻ったり、両親の反対などで恋がかなわず、昭和7年5月、神奈川県大磯町裏手にある小高い丘の松林の中で心中を図る。この事件は「坂田山心中」と呼ばれ、同年純愛映画「天国に結ぶ恋」(松竹・五所平之助監督)として映画化され、大ヒット、同地は自殺名所となった。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯山 八重子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湯山 八重子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.