Rakuten infoseek

辞書

湯女【ゆな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

湯女
ゆな
風呂屋に雇われた一種の娼婦。室町時代の京都に始り,江戸時代前期の江戸,京都,大坂,地方の温泉場などで一世を風靡した。湯女は客の体を洗い酒間を取持ち,夜とぎもした。湯女のうち大湯女は主として客席を受持ち,小湯女は風呂場で客の体を洗う役を受持った。江戸の丹前風呂 (→丹前 ) の勝山,大坂の額風呂の小三,扇風呂の萩,港風呂の近など当代の人気湯女の名が残っている。幕府はしばしば法令で湯女の制限や一掃をはかったが,遊郭の発展に伴い消滅していった。温泉場では有馬,山中の湯女が有名であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆ‐な【湯女】
湯泉宿で客の接待をした女。
江戸時代、江戸・大坂などの湯屋にいた遊女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆな【湯女】
入浴を世話し,浴後の接待をする接客婦。有馬温泉の湯女は鎌倉時代に始まったというが,湯女の起源は温泉地にあり,それが室町時代の町湯に移入されたという。入浴のときに着衣の整理や茶菓を供するための女性が,やがて私娼(ししよう)化していったのである。湯女のほかにふろ屋女の語もあるが,湯屋とふろ屋との区別があいまいとなったように,厳密な使い分けは確認しにくい。江戸初期にはふろ屋に湯女をおいて湯女ぶろと称し,浴客のあかを指で落としたのであかかき女とも呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆな【湯女】
温泉宿にいて客の接待をする女。
江戸時代、市中の湯屋にいた遊女。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

湯女
ゆな
温泉場や風呂(ふろ)屋にいて浴客の世話をした女性のこと。一部は私娼(ししょう)化して売春した。風呂屋者、垢(あか)かき女などの異称がある。有馬(兵庫県)など温泉地では鎌倉時代からこの種の接待女がいたと伝えられる。室町時代には市街地に風呂屋が営業を始めると、そこにも湯女を抱えて客の接待をした。江戸時代の寛永(かんえい)年間(1624~44)には一軒に20~30人もの湯女を抱えた店が江戸に何軒もできるに至った。そこでは、客の身体を洗ったり、浴後に湯茶を接待する本来の業務のほかに、終業後の板の間や二階を宴席とし、美しい衣装に着替えて歌や踊りを見せた。丹前勝山(たんぜんかつやま)、桔梗(ききょう)風呂の吉野、紀伊国(きのくに)風呂の市野など、遊女に劣らぬ名声を得た湯女が少なくない。旗本や侠客(きょうかく)らに丹前風(ふう)という流行風俗をおこさせたほど、時代の好みにあっていたことが評価を高める原因であった。これに対し、幕府は1652年(慶安5)に一軒に湯女3人と規制し、さらに明暦(めいれき)の大火(1657)後に市中の湯女を全廃して吉原へ移住させた。しかし江戸以外では、大坂は一軒2~3人の髪洗女を許可し、各地の温泉場にも私娼的湯女がいた。江戸でも湯屋の二階を女に貸して集会所のように利用する変形が明治中期まで存続した。温泉地の湯女は明治以後、一部が芸妓(げいぎ)や酌婦となった。[原島陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆな【湯女】
〘名〙
① 温泉宿にいて入浴客の世話や接待をする女。有馬にいたものが有名。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・好色一代男(1682)三「此徒(いたづら)、津の国有馬の湯女(ユナ)に替る所なし」
② 江戸・大坂などの風呂屋にいた一種の私娼。
※慶長見聞集(1614)四「湯女と云て、なまめける女ども廿人、三拾人ならび居てあかをかき髪をそそぐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯女」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湯女の関連情報

他サービスで検索

「湯女」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.