Rakuten infoseek

辞書

湯元温泉【ゆもとおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

湯元温泉
ゆもとおんせん
別称日光湯元温泉。栃木県北西部,日光市の中禅寺湖北方にある温泉。湯ノ湖北岸に位置し,白根山,温泉ヶ岳,三岳などに囲まれている。延暦1 (782) 年二荒山 (男体山・補陀落山) 開基の勝道上人の発見と伝えられ,明治初期まで女人禁制であった。泉質硫黄泉泉温 55~76℃。白根山,金精山などへの登山ハイキング,スキーの基地国民保養温泉地に指定。温泉神社は重要文化財。金精峠越えの観光道路ができて急速に発展した。日光国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯元温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

湯元温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.