Rakuten infoseek

辞書

渭河【いが】

世界大百科事典 第2版

いが【渭河】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いが【渭河】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

渭河
いが / ウェイホー
中国の河川。黄河(こうが/ホワンホー)の最大の支流。渭水(いすい)、渭川(いせん)ともいう。甘粛(かんしゅく/カンスー)省南部渭源県の南、鳥鼠(ちょうそ)山に源を発し、秦嶺(しんれい/チンリン)山脈の北を東流、甘粛省東部、陝西(せんせい/シャンシー)省中部を貫流して、黄河が大きく東へ湾曲する地点で合流する。甘粛省では天水盆地、陝西省では渭河平原を形成し、延長787キロメートル、流域面積は13万4000平方キロメートルに達する。南から流入する支流は短く急流をなすが、北からの流れは黄土(こうど/ホワントゥー)高原に流域をもち、(けいが/チンホー)や洛河(らくが/ルオホー)のように集水面積も広く緩流のものが多く、黄土特有の地形を発達させる。黄土の沖積土からなる平野は肥沃(ひよく)であるが、地形と乾燥気候のため人工灌漑(かんがい)が必要で、とくに渭河平原北部では古代から鄭国渠(ていこくきょ)、白渠などの人口水道がつくられた。現在も洛恵渠、恵渠、渭恵渠などの灌漑で、全国でも有数の農業基地となり、綿花、小麦などの栽培が盛んである。流域の西安(せいあん/シーアン)を中心とした地域(関中(かんちゅう/コワンチョン))は、古代から文化の中心で多くの歴史的遺跡がある。[秋山元秀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐か ヰ‥【渭河】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

い‐か〔ヰ‐〕【渭河】
渭水(いすい)の別称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

渭河
いか
ウェイ(渭)河」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渭河」の用語解説はコトバンクが提供しています。

渭河の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.