Rakuten infoseek

辞書

温清飲【うんせいいん】

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

うんせいいん【温清飲】
漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)地黄(じおう)芍薬(しゃくやく)黄芩(おうごん)川芎(せんきゅう)山梔子(さんしし)黄連(おうれん)黄柏(おうばく)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。月経不順月経困難更年期障害血の道(みち)症神経症湿疹(しっしん)などに用い、皮膚の色・つやが悪く、のぼせ、血行不良といった症状をともなっているとき、とくに有効とされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

温清飲(うんせいいん)
漢方薬のひとつ婦人病などの症状に処方される。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温清飲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

温清飲の関連情報

他サービスで検索

「温清飲」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.