Rakuten infoseek

辞書

温度定点【オンドテイテン】

デジタル大辞泉

おんど‐ていてん〔ヲンド‐〕【温度定点】
温度を測定するのに基準となる温度。特定物質融点沸点が利用される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんどていてん【温度定点 fixed point of temperature】
温度測定の基準として利用できる温度。その意味では,純粋な水が1気圧下でになる温度(水の凝固点)などを代表的な温度定点にあげることができる。それでも,厳密にいえば,不純物混入圧力変動の影響で,温度の変わるおそれがある。そこで現在では,純粋な物質の三重点(固相液相,気相が共存する状態)を利用することが多くなった。水の場合なら,清浄なガラス容器に純粋な水を入れ,排気したのち容器を密封し,一部分を冷やすと氷ができて,それと液体の水と気体水蒸気とが共存する状態,すなわち水の三重点が実現され,0.0001K以内に一定した温度が得られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おんど‐ていてん ヲンド‥【温度定点】
〘名〙 温度を測定するのに基準となる温度。例えば一気圧の氷点が摂氏〇度など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温度定点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

温度定点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.