Rakuten infoseek

辞書

渤海【ぼっかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

渤海
ぼっかい
ポー(渤)海」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼっ‐かい【渤海】
中国北東部にある海域。山東半島遼東半島に囲まれ、黄海との境に廟島(びょうとう)群島がある。黄河が注ぐ。ポーハイ
8~10世紀、中国東北地方を中心に、沿海州から朝鮮半島北部にわたり栄えた国。698年、ツングース靺鞨(まっかつ)族の首長大祚栄建国の制度・文物を摂取し、仏教を保護。日本とも国交があったが、926年契丹に滅ぼされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼっかい【渤海 Bó hǎi】
7世紀末から10世紀初にかけて,現在の中国東北地方,朝鮮咸鏡道およびロシア沿海州にまたがって存在した国家。始祖は大祚栄(だいそえい)。高句麗人とも,その支配下にいた靺鞨(まつかつ)人ともいわれる。住民も主に高句麗人と靺鞨人から成っていた。
[歴史]
 高句麗が668年(総章1)に唐に滅ぼされた後,営州(遼寧省朝陽)に移されていた大祚栄を中心とする高句麗人および靺鞨人の一派は,契丹(きつたん)人李尽忠の反乱に乗じて営州を脱出し,現在の吉林省敦化を根拠地に建国した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼっかい【渤海】
◇ 中国、遼東半島と山東半島とに囲まれた海域。黄海に通じる。沿岸では製塩業が発達。ポーハイ。
中国の東北地方東部・沿海州・朝鮮北部を領土として栄えた高句麗こうくり族・靺鞨まつかつ族の国。698年震国を建てた大祚栄だいそえいが713年唐により渤海郡王に封ぜられ渤海と称した。唐文化を輸入、日本とも頻繁に通交した。都は国都の上京竜泉府(黒竜江省東京城)をはじめ五京ごけいがあった。926年遼に亡ぼされた。渤海靺鞨。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼっかい【渤海】
[一] 七世紀末から一〇世紀初期まで、中国東北地方の南東部から朝鮮半島北部沿海州を領域とした国(六九八‐九二六)。高句麗系の大祚栄の建国になり、初め震と称したが、七一三年唐から渤海郡王に封ぜられて渤海と改称。五京(ごけい)を置き、都城は長安に模した。日本とも友好関係を結ぶが、九二六年契丹に滅ぼされた。
[二] 黄海に連なり、遼東、山東両半島に囲まれた内海。奥部は渤海湾、北東部は遼東湾と呼ばれる。黄河、遼河などが流入。遠浅で、沿岸では製塩業や漁業が盛ん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渤海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

渤海の関連情報

他サービスで検索

「渤海」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.