Rakuten infoseek

辞書

渋沢栄一【しぶさわ えいいち】

美術人名辞典

渋沢栄一
実業家・子爵。埼玉県生。幼名は栄二郎、のち栄一、号を青淵一橋家に仕え、のち幕臣となる。新政府においては大蔵大丞を務める。欧州を巡遊後、実業界の指導的役割を果たし、第一国立銀行をはじめ、我国初の私鉄日本鉄道会社、王子製紙等五百余の会社を設立。昭和6(1931)歿、92才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

しぶさわ‐えいいち〔しぶさは‐〕【渋沢栄一】
[1840~1931]実業家。埼玉の生まれ。一橋家に仕えて幕臣となり、パリ万国博覧会幕府使節団に加わって渡欧。維新後、大蔵省官吏を経て第一国立銀行を設立。各種の会社の設立に参画し、実業界の指導的役割を果たした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

渋沢栄一 しぶさわ-えいいち
1840-1931 明治-大正時代の実業家。
天保(てんぽう)11年2月13日生まれ。渋沢敬三の祖父。生家は武蔵(むさし)榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)の名主。一橋家につかえ,幕臣となる。慶応3年徳川昭武にしたがって渡欧し,西洋の近代産業や財政制度を見聞。維新後,大蔵省にはいり,財政・金融制度などを立案。明治6年退官後,第一国立銀行のほか,王子製紙,大阪紡績などの設立に関与。引退後は社会事業につくした。昭和6年11月11日死去。92歳。号は青淵。著作に「徳川慶喜公伝」など。
【格言など】正しい道徳の富でなければ,その富を永続することができぬ(「論語と算盤(そろばん)」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

渋沢栄一
1840〜1931(天保11年〜昭和6年)【実業家】設立育成した企業の数は、約500社にも。 日本の資本主義を育てた経済界の巨人。明治・大正の実業家。武蔵国の豪農の家に生まれた。一橋慶喜に仕え、実弟の水戸藩主徳川昭武に随行して仏パリなど欧州を訪問。維新後は明治政府に出仕した。パリで学んだ知識をいかして、新貨条例・国立銀行条例など諸制度改革を行う。日本に株式会社(合本組織)を導入、設立した第一国立銀行を足掛かりに、王子製紙・大阪紡績・東京瓦斯など約500社の設立や商業会議所・銀行集会所の創設に関与、日本資本主義の発達に大いなる貢献をした。「経済道徳合一」を主義とし、一部企業が利益を独占するのを生涯嫌った。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぶさわえいいち【渋沢栄一】
1840‐1931(天保11‐昭和6)
実業家。武蔵国榛沢郡血洗島村(現,埼玉県深谷市)の富農の家に生まれ,年少のころから家業に従事した。尊王攘夷論に傾倒し,一時は横浜の外国人居留地の襲撃をも計画した。1864年(元治1)一橋家に仕え,67年(慶応3)慶喜の弟昭武に随行してフランスの万国博使節団に加わり,ヨーロッパ各地を訪問して近代的社会経済の諸制度や産業施設を見聞した。このとき得た知識が,のち政府高官としてまた近代産業の指導者としての教養の基盤となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しぶさわえいいち【渋沢栄一】
1840~1931) 実業家。武蔵榛沢(今の埼玉県)の人。号は青淵せいえん。一橋家に仕え、次いで幕臣となる。維新後大蔵省に出仕。のち第一国立銀行・王子製紙・大阪紡績などを創立、その他諸産業の経営にも関係して渋沢財閥を形成した。教育・社会事業にも尽力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

渋沢栄一
実業家。1840(天保11)年、武蔵榛沢(現、埼玉県深谷市)の農家に生まれた。幕末期は尊王攘夷論に傾倒して倒幕運動にも参加したが、のちに徳川慶喜に仕え、幕臣となった。67年に慶喜の弟、昭武に随行して欧州を訪問し、近代的社会経済の諸制度などの知識を吸収した。明治維新後、大蔵省官吏に登用され、新貨条例や国立銀行条例制定に参与した。73年に退官し、第一国立銀行を開業して頭取となった。以後、民間の銀行や企業など、500以上の組織の設立に関与し、日本資本主義の発展に貢献した。1916年に実業界を引退し、以後は教育や文化事業などに尽力した。31年、91歳で死去した。2019年に日本の紙幣が刷新された際、一万円札肖像に採用された。

(2019-4-11)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

渋沢栄一
しぶさわえいいち
[生]天保11(1840).2.13. 武蔵,血洗島
[没]1931.11.11. 東京
明治・大正期の実業家,財界の指導者。生家は村名主で,農業のほか藍玉の商業も営んでいた。栄一は年少の頃から家業に従事したが,のち才幹を認められて一橋慶喜 (のち将軍) に仕え,慶応3 (1867) 年将軍慶喜の弟昭武に随行して渡欧した。明治維新後明治政府に仕官し,近代的財政,金融,貨幣制度の導入に尽力した。 1873年退官し,第一国立銀行の頭取となり,以後明治期を通じて民間の銀行,産業および実業家団体の育成と指導に大きな役割を演じ,関係会社は数百に上った。 1916年第一銀行を除いて関係会社から退き,社会公共事業に余生をおくった。福沢諭吉と並んで日本の経済近代化の最大の功労者である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

渋沢栄一
しぶさわえいいち
(1840―1931)
近代日本資本主義の指導者。天保(てんぽう)11年2月13日、武蔵国(むさしのくに)榛沢(はんざわ)郡血洗島(ちあらいじま)(埼玉県深谷市)の豪農の家に生まれた。幕末、一時尊王攘夷(じょうい)運動の志士であったが、1864年(元治1)一橋(ひとつばし)家に仕え、慶喜(よしのぶ)が将軍を継ぐとともに幕臣になった。1867年(慶応3)幕府の遣欧使節の一員として渡欧、西欧の近代的産業設備や経済制度を見聞した。1869年(明治2)新政府の招きで大蔵省官吏に登用され、井上馨(いのうえかおる)大蔵大輔(おおくらたいふ)のもとで、重要な貨幣、金融、財政制度の制定と改革に参与した。この間『立会略則(たちあいりゃくそく)』を著して株式会社制度に関する知識の普及に尽力した。1873年退官、同時に第一国立銀行(第一銀行の前身。のち第一勧業銀行を経てみずほ銀行、みずほコーポレート銀行に統合・再編された)を創立して頭取に就任した。以後財界のリーダーとして目覚ましい活躍を示した。王子製紙、大阪紡績、東京海上、日本鉄道などをはじめ創立に関与した会社は枚挙にいとまがない。また東京商法会議所(東京商工会議所の前身)、東京銀行集会所、東京手形交換所などを設立するなど財界の組織化にも精力的に努めた。さらに財界の思想的指導者でもあり、実業家は国家目的に寄与するビジネスマンでなければならない(「経済道徳合一説」)ことを絶えず強調した。1915年(大正4)渋沢同族株式会社を設立し、第一銀行を中核とする渋沢財閥を形成した。翌1916年実業界の第一線から引退し、以後は主として教育、社会、文化事業に力を注いだ。[小早川洋一]
『『渋沢栄一自叙伝』(1937・偉人烈士伝編纂所) ▽土屋喬雄著『日本資本主義の経営史的研究』(1954・みすず書房) ▽渋沢栄一伝記資料編纂室編『渋沢栄一伝記資料』(1955~71・竜門社) ▽森川英正著『渋沢栄一 日本株式会社の創立者』(森川英正編『日本の企業と国家』所収・1976・日本経済新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぶさわ‐えいいち【渋沢栄一】
実業家。子爵。号は青淵。武蔵榛沢(埼玉県)出身。尊王攘夷運動に参加。明治二年(一八六九)新政府に登用され、金融・財政制度の制定・改正に尽力。のち実業界に転じ、第一国立銀行、王子製紙、日本郵船、日本鉄道などの創立に参画。明治期の日本資本主義の発展に貢献し、社会・教育・文化事業にも尽力した。天保一一~昭和六年(一八四〇‐一九三一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋沢栄一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

渋沢栄一の関連情報

他サービスで検索

「渋沢栄一」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.