Rakuten infoseek

辞書

清水

美術人名辞典

清水
江戸後期の画家。長門生。は有斐。望月玉川に学ぶ。京都に住した。弘化4年(1847)歿、29才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

きよ‐みず〔‐みづ〕【清水】
澄んだきれいな。しみず。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐みず〔‐みづ〕【清水】
地面や岩の間などからわき出るきれいに澄んだ水。 夏》「二人してむすべば濁る―哉/蕪村

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しみず【清水】[静岡市の区]
静岡市の区名。旧清水市・旧蒲原町・旧由比町域を占める。茶の輸出港として発展三保の松原日本平などの景勝地がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しみず【清水】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しみず【清水】[狂言]
狂言。茶の水をくみに行かされた太郎冠者が、鬼に手桶を取られたと偽って帰り、手桶をさがしにいった主人を鬼に化けて脅すが、声で見破られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐すい【清水】
澄んできれいな水。しみず。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きよみず【清水】[地名]
京都市東山区の地名五条坂清水寺がある。清水焼産地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しみず【清水】
狂言の曲名太郎冠者狂言大蔵・和泉両流にある。茶の湯の会の準備のため,主人は太郎冠者を野中の清水へ水汲みにやる。太郎冠者は,来客のたびに水汲みをさせられるのはかなわないと思い,清水に鬼が出たとうそをついて水も汲まずに戻ってくる。不審に思った主人が清水まで見に行くので,太郎冠者は先回りして鬼の面をつけて待ち伏せる。一度は主人も恐れおののくが,鬼がなにかと太郎冠者をひいきにするのと,その声が太郎冠者に似ていたのに気づき,再度清水へ出かけ,またも鬼に扮して現れた太郎冠者の面をはがして追いこむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しょうず【清水】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きよみず【清水】
京都市東山区清水寺を中心とする地区。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しみず【清水】
地面や岩の間などからわき出る、澄んだ冷たい水。小さな流れになっているものもいう。 [季] 夏。 二人してむすべば濁る-かな /蕪村

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しみず【清水】
静岡市の区名。もと東海道の二宿、江尻・興津を含む。水産業や石油・金属・製紙などの工業が立地。三保松原・日本平がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しみず【清水】
姓氏の一。
江戸時代の御三卿の一。九代将軍家重の第二子重好が江戸城清水門内に邸を与えられ一家を創立。所領一〇万石で、御三家に次ぐ家格。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しみず【清水】
狂言の一。茶の湯の水を汲みにやらされた太郎冠者は、鬼が出たと偽って逃げ帰る。手桶を取りに行く主人を鬼の面をかぶって脅すが、声で正体を見破られる。鬼清水。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいすい【清水】
澄んで、きれいな水。しみず。
[句項目] 清水に魚棲まず

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清水
しみず
静岡県中部,静岡市南東部の旧市域。駿河湾に面する。1924年市制。1954年飯田村と高部村,1955年有度村,1961年袖師町,興津町,庵原村,両河内村,小島村の 5町村を編入。2003年静岡市と合体して静岡市となり,2005年政令指定都市化に伴い全域が清水区となった。南東部に三保半島が北東に突出し,自然の防波堤をつくる。西部静岡平野につながり,北部は庵原山地。中心市街地は江戸時代東海道の宿場町だった江尻と,駿府の外港の清水からなる。清水港は遠洋漁業の基地であるとともに国際貿易港。1899年開港場となり,1952年には特定重要港湾に指定され,2011年国際拠点港湾となった。港を囲んで缶詰などの食品加工,造船,機械,化学,製油,製材,合板などの工業地区が成立している。周辺の農村部ではチャ(茶),ミカンの栽培,野菜の促成栽培,久能山の石垣いちご栽培などが行なわれる。袖師は江尻と興津間の東海道沿いに位置し,かつては半農半漁村であり,また海水浴場でもあった。1939年埋立地石油精製所ができ,石油コンビナートの基地となっている。興津は東海道の宿場町であり,清見寺(庭園は国指定名勝)がある。海岸は清見潟と呼ばれる景勝地であったが,清水港の外延として興津埠頭があり,輸出用自動車,コンテナなどが並ぶ。日本平・三保の松原県立自然公園に属し,日本平三保の松原(いずれも国指定名勝),梅蔭寺(清水次郎長の墓),龍華寺のソテツ(国指定天然記念物),国宝の法華経を蔵する鉄舟寺がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水
しみず
福井県北部,福井市南部の旧町域。福井平野西部にある。1955年志津村,三方村,天津村の 3村が合体,町制施行。2006年福井市に編入。地名は 3村から各 1音をとり,地域内にある清水という地名の字にあてた。米作が中心であったが減反政策のため農業の多角化が進む。菅笠を産する。福井市中心部への通勤者が多く,ベッドタウン化が著しい。中部の大森にある賀茂神社で 4年ごとに行なわれる睦月神事は国指定重要無形民俗文化財。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水
しみず
和歌山県のほぼ中央,有田川町東部の旧町域。有田川上流域にある。 1955年城山村,八幡村,安諦村の3村が合体して町制。 1959年五村と岩倉村の一部を編入。 2006年吉備町,金屋町と合体して有田川町となる。大部分が山地で林業が主。山椒生産高は国内有数。和紙も産する。中心集落の八幡は旧宿場町として栄え,周辺には多くの重要文化財を有する吉祥寺,安楽寺などがある。また杉野原の御田舞は国の重要無形民俗文化財。東部の護摩壇山山麓は高野龍神国定公園に属する。西部に 1967年完成の二川ダムがあり,生石ヶ峰にかけての一帯生石高原県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水
しみず
高知県南西部,太平洋にのぞむ土佐清水市の中心市街地。旧町名。 1954年近隣3町と合体して土佐清水市となる。足摺半島西岸の溺れ谷にある良港で,大正期からカツオ,マグロ漁業の基地として栄えたが,現在は土佐沖,足摺近海の釣漁業を中心にかつお節,めじか節などの加工を行う。足摺宇和海国立公園の観光基地でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きよ‐みず ‥みづ【清水】
[1] 〘名〙
① 清らかな水。しみず。
② 寄席(よせ)で用いる鳴り物の一種。
[2]
[一] 京都市東山区にある五条坂の付近一帯の地名。または、そこにある清水寺。
※蜻蛉(974頃)下「十八日に、きよみづへまうづる人に、又しのびてまじりたり」
[二] 東京都台東区上野公園にある観音堂。寛永八年(一六三一)天海が建立。
[三] 大阪市天王寺区伶人町にある和宗の寺、清水院のこと。四天王寺の塔頭(たっちゅう)の一つで、寛永一七年(一六四〇)京都清水寺を勧請し建立。有栖山清水寺とも称した。慈覚大師作と伝える千手観音を本尊とする。高台に懸造りの舞台を設け、景色がよいことで知られる。新清水寺。新清水。
※浮世草子・新色五巻書(1698)四「手分して尋廻り勝曼にて見附、皆々悦(よろこび)連れ立帰り、清水(キヨミヅ)の茶屋に十右衛門と女房、高笑ひして茶飲み物語」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きよみず きよみづ【清水】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐みず ‥みづ【清水】
[1] 〘名〙 清らかなわき水。清らかに澄んだ水。すみず。《季・夏》
※書紀(720)神代下(鴨脚本訓)「門の前に一つの好井(シミツ)有り」
※新古今(1205)夏「道の辺に清水流るる柳蔭しばしとてこそ立ちどまりつれ〈西行〉」
[2]
[一] 狂言。各流。茶の湯の水をくみにやらされた太郎冠者が、鬼が出たといって途中で逃げて来る。落として来た手桶(ておけ)が惜しいと主が清水に行くと、太郎冠者が鬼の面をかぶって現われておどすが、声に不審を抱いた主に面を取られて逃げるという筋。「天正狂言本」で「野中の清水」、「狂言記」で「鬼清水」。
[二] 静岡市の行政区の一つ。古代から東海道の宿駅、駿府の外港として発達。江戸時代は江尻、興津が東海道五十三次の宿駅となり、廻船問屋四二軒が免許され、水軍(船手組)の基地、甲州廻米の積出しで栄えた。現在は清水港を中心とする港湾・工業地区。日本平、三保松原など、観光地も多い。
[語誌]((一)について) (1)和歌では、古くは「野中の清水」「おぼろの清水」など歌枕として詠まれることが多く、「逢坂の関の清水」であれば「恋」や「羈旅」の歌であった。それが「堀河百首」で夏十五首の中に「泉」題が設けられ、「六月に岩もる清水結ばずはあふぎの風を忘ましやは〈藤原公実〉」などと詠まれるに及んで「夏」に涼を呼ぶものとなる。
(2)「堀河百首」はその後の歌人達に大きな影響を与えたが、特に挙例の「新古今集」の西行の歌は、謡曲にも採られるなど広く世に知られ、「奥の細道」でも芭蕉はその残る柳に立ち寄っている。
(3)俳諧の季語としては、「清水結ぶ」あるいは「清水せく」で「夏」としており、「清水」は「雑」とされた。しかし、江戸中期の「俳諧・滑稽雑談‐六月」では「清水」だけでも「夏」としている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す‐みず ‥みづ【清水】
〘名〙 すんだ水。しみず。
※琴歌譜(9C前)七日あゆだ振「高橋の 甕井(みかゐ)の須美豆(スミヅ) あらまくを すぐにおきて 出でまくを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐すい【清水】
〘名〙
① 濁りのないすんだきれいな水。しみず。〔運歩色葉(1548)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四六「恰も砂漠の中に清水(セイスイ)を得るが如しと」 〔淮南子‐形訓〕
② (形動) きわめてあきらかなこと。はっきりしたさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Xeisuini(セイスイニ) ヲウセツケラルル」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せ‐みど【清水】
〘名〙 「しみず(清水)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)一四・三五四六「青柳の張らろ川門(かはと)に汝を待つと西美度(セミド)は汲まず立ちどならすも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.