Rakuten infoseek

辞書

清水森ナンバ【しみずもりなんば】

事典 日本の地域ブランド・名産品

清水森ナンバ[香辛料]
しみずもりなんば
東北地方、青森県の地域ブランド。
主に弘前市の清水地区で栽培される伝統野菜。初代津軽藩主・津軽為信が京都から持ち帰って広めたと伝えられ、400年以上の歴史をもつ唐辛子。ナンバとは、津軽における唐辛子の呼称。大ぶりでいかつい姿をするが、その外見とはうらはらに甘みとさわやかな風味をもつ。国内の唐辛子のなかでも糖分が多く、ビタミンAやビタミンC・ビタミンEを豊富に含んでいる。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水森ナンバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清水森ナンバの関連情報

他サービスで検索

「清水森ナンバ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.