Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

清水寺【きよみずでら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清水寺
きよみずでら
京都市東山区清水にある北法相総本山。第2次世界大戦後法相宗より独立。せいすいじ,きよみでらともいう。延暦 17 (798) 年,坂上田村麻呂創建という。北観音寺とも称したと伝え,観音信仰によって栄えた。本堂懸崖にのぞんで舞台が張出しており,国宝。ほかに木像『十一面観音』,渡海船額4面など重要文化財があり,5月 23日には田村麻呂を祀る田村忌がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きよみず‐でら〔きよみづ‐〕【清水寺】
京都市東山区清水にある北法相(ほっそう)宗の寺。山号音羽山。延暦17年(798)ごろ延鎮坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)助成を得て開創西国三十三所の第16番札所本尊は十一面観音像。清水の舞台とよばれる前面を懸け造りとした本堂は国宝。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。せいすいじ。
島根県安来市清水町にある天台宗の寺。山号は瑞光山。用明天皇、あるいは推古天皇のときに尊隆が開創。9世紀以降天台密教の霊場、観音霊場としても有名。本堂、十一面観音像は重要文化財

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

清水(きよみず)寺
△千葉県いすみ市▽にある天台宗の寺院。山号は音羽山、院号は千手院。本尊の十一面観世音像にちなみ「清水観音」とも呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水(きよみず)寺
△京都府京都市東山区▽にある寺院。北法相宗。山号は音羽山。798年の建立と伝わる。本尊は十一面千手観世音菩薩。国宝の本堂は山の斜面から張りだした造りで「清水の舞台」と呼ばれる。「古都京都の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。西国三十三所第16番札所。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水(きよみず)寺
△兵庫県加東市▽の清水山(御嶽山)山頂にある寺院。宗派は天台宗、本尊は十一面観音(根本中堂)、千手観音(大講堂)。西国三十三所、第25番札所。播州清水寺ともいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水(きよみず)寺
△福岡県みやま市▽にある天台宗の寺院。山号は本吉山、院号は普門院。806年、最澄による創建と伝わる。本尊は千手観音。安産子授け、縁結びの寺として知られる。郷土玩具「清水のきじ車」の発祥の寺とされる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水(きよみず)寺
△長崎県長崎市▽にある寺院。「せいすいじ」とも読む。真言宗霊雲寺派。山号は長崎山(ちょうきさん)。1623年創建と伝わる。本尊は千手観世音菩薩。本堂は国の重要文化財に指定。安産や病気平癒に効くとされる“びんづるさん(撫で)”で知られ、地元では「清水(きよみず)さん」「清水観音」などともいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きよみずでら【清水寺】
京都市東山区にある寺。山号音羽山。1885年までは法相・真言兼修の寺。第2次大戦後,北法相宗の総本山。798年(延暦17),坂上田村麻呂が延鎮を開山として建立したと伝える。805年(延暦24)桓武天皇の御願寺となってから維新まで,朝廷幕府の厚い保護が続いた。堂宇は開創以来幾度か焼失と再建をくりかえしたが,現在の建物の大部分は徳川家光が1633年(寛永10)再建したものである。近世寺領は朱印高133石。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せいすいじ【清水寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きよみずでら【清水寺】
京都市東山区清水にある北法相宗の本山。山号は音羽山。798年、坂上田村麻呂が延鎮を開山として建立、鎮護国家の道場となる。平安時代、延暦寺と興福寺との抗争で、しばしば焼かれた。現在の堂宇は、徳川家光の再建。本堂の前面、懸崖上に張り出して設けられた板敷の部分は「清水の舞台」として知られる。西国三十三所の第一六番札所。せいすいじ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

清水寺
(長野県東筑摩郡山形村)
信州の古寺百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

清水寺
(京都府京都市東山区清水1-294)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きよみず‐でら きよみづ‥【清水寺】
[一] 京都市東山区清水にある北法相宗の総本山。もと真言宗。山号は音羽山。延暦一七年(七九八)坂上田村麻呂が延鎮を開山として創建。弘仁元年(八一〇)鎮護国家の道場となる。現在の本堂は寛永一〇年(一六三三)徳川家光の再建で国宝。南側の掛け出しは「清水の舞台」として知られ、展望に富む。西国三十三所第一六番札所。北観音寺。せいすいじ。
[二] 兵庫県加東郡社町平木にある天台宗の寺。山号は御嶽山。七世紀、インドの僧、法道仙人の創建と伝えられる。後白河天皇、源頼朝の保護をうけた。西国三十三所の第二五番札所。新清水。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいすい‐じ【清水寺】
[一] 長野市若穂保科にある真言宗智山派の寺。山号は阿彌陀山。天平一四年(七四二)行基の創建と伝えられ、延暦二〇年(八〇一)坂上田村麻呂が蝦夷(えぞ)征伐の途次、戦勝を祈願したと伝えられる。保科観音。
[二] 島根県安来市清水町にある天台宗の寺。山号は瑞光山。用明天皇二年(五八七)尊隆の開創と伝えられる。推古天皇の勅願寺。永祿年間(一五五八‐七〇)兵火のために本堂を残して焼失。のち、毛利元就が再建した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

清水寺
きよみずでら
京都市東山区清水町にある法相宗の寺
798年坂上田村麻呂が延鎮(賢心)を開山として建立。のち興福寺の末寺となり,観音信仰の霊場として繁栄した。争乱や天災によりたびたび焼失し,現在の建物は江戸幕府3代将軍徳川家光が再建したもの。崖 (がけ) にのぞんでの舞台造は有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清水寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.