Rakuten infoseek

辞書

清和源氏【せいわげんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清和源氏
せいわげんじ
清和天皇から出て姓を名のった氏族。貞固,貞元,貞純,貞数,貞真の諸親王の子孫源氏を賜わったが,貞純親王の子のみが繁栄した。貞純親王の長子経基が応和1 (961) 年源朝臣の姓を賜わり,その子の満仲,満政らは鎮守府将軍となった。満仲は摂津国多田荘に土着して武士となり,その子の頼光,頼親も鎮守府将軍となって武名をあげ,その他の子孫も各地に割拠して武士としての地位を確立し,武士の棟梁となった。特に頼義,義家は,前九年の役,後三年の役で功績をあげ,東国に源地盤を形成した。平氏政権下では勢力が衰退したが,頼朝が平氏を打倒して鎌倉幕府を樹立してから,再び勢力を伸張し,頼家,実朝で源家の正統は絶えたが,分流が各地に割拠し武家として活躍した。なかでも新田氏足利氏武田氏などは有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいわ‐げんじ【清和源氏】
清和天皇の子孫で源姓を賜った氏。天皇の皇子の孫、経基王の一流が栄えて諸国に分かれ、地方に土着して武士団の棟梁となり、勢力をのばした。頼義義家のとき関東武士と結んで地盤を築き、頼朝鎌倉幕府を開いた。武田氏・足利(あしかが)氏・新田氏もこの系統

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいわげんじ【清和源氏】
清和天皇の皇子・皇孫である賜姓源氏とその子孫。そのうちで最も栄え,清和源氏の代表的存在と見られたのは,第6皇子貞純親王の皇子経基王の系統である。
[経基王系の発展]
 経基王は武蔵介として平将門の乱の鎮定に努力し,961年(応和1)に源姓を与えられた。その子満仲は摂津守となり,また摂津国多田地方(現,兵庫県川西市)に開発領主として土着し,多田荘を経営して多田院を創立した。なおこの満仲と経基との関係には若干の疑問も残されているが,《尊卑分脈》の系図にしたがって父子関係を認めるのが在の定説である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいわげんじ【清和源氏】
清和天皇から出た源氏。天皇の諸皇子に源姓を賜ったが、第六皇子貞純親王の皇子経基つねもと王の系統が代表的存在。王の子満仲は摂津多田荘に土着、さらにその子頼光は摂関家と結んで勢力を伸ばした。頼義・義家は関東に進出、頼朝は鎌倉幕府を開くなど、子孫は各地に繁栄。佐竹・武田・平賀・新田・足利の諸氏はいずれもこの流れに入る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

清和源氏
せいわげんじ
清和天皇より出た賜姓源氏。天皇の孫経基(つねもと)王の系統がもっとも栄えた。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいわ‐げんじ【清和源氏】
清和天皇の子孫で源姓を賜わった氏族。とくに経基(つねもと)王の一流が栄えて、諸国に分かれた。信濃源氏、美濃源氏、尾張源氏、三河源氏、河内源氏、摂津源氏、大和源氏、多田源氏、甲斐源氏などがある。
※太平記(14C後)一「土岐伯耆十郎頼貞、多治見四郎次郎国長と云者あり。共に清和(せいワ)源氏の後胤として」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

清和源氏
せいわげんじ
清和天皇の賜姓皇子の子孫
清和天皇の孫経基が鎮守府将軍となって源姓を与えられたのに始まる。満仲のときに摂津に土着,その子頼光が摂関家と結んで勢力を伸ばし,頼信・頼義・義家時代に関東に進出した。平氏と争い,平治の乱に敗れ一時衰えたが,頼朝が平氏を打倒して鎌倉幕府を創設。名実ともに武家の棟梁となったが,わずか3代で滅亡した。その支流として佐竹・武田・新田・足利氏などがある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清和源氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清和源氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.