Rakuten infoseek

辞書

清和天皇【せいわてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清和天皇
せいわてんのう
[生]嘉祥3(850).3.25. 京都
[没]元慶4(880).12.4. 京都
第 56代の天皇 (在位 858~876) 。名は惟仁 (これひと) ,水尾天皇ともいう。文徳天皇の第4皇子,母は太政大臣藤原良房の娘明子。天安2 (858) 年8月践祚したが,幼少のため外祖父良房が政を摂行し,貞観8 (866) 年8月正式に摂政となり,人臣摂政の例を開いた。貞観 18 (876) 年陽成天皇に譲位。元慶3 (879) 年落飾,法諱は素真。遺詔により山陵を起さず,粟田山に火葬,骨を水尾山においた。在位中『貞観格』『貞観式』 (→貞観格式 ) がつくられ,また清和源氏と仰がれた。陵墓は京都市右京区嵯峨水尾清和の水尾山陵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいわ‐てんのう〔‐テンワウ〕【清和天皇】
[850~881]第56代天皇在位858~876。文徳天皇の第4皇子。名は惟仁(これひと)。外祖父藤原良房が実質的な摂政となり、実権はほとんどなかった。水尾(みずのお)帝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

清和天皇 せいわてんのう
850-881* 平安時代前期,第56代天皇。在位858-876。
嘉祥(かしょう)3年3月25日生まれ。文徳天皇の第4皇子。母は藤原明子。父ので,天安2年9歳で即位(最初の幼帝)。母が補佐したが,実権は外祖父の藤原良房(よしふさ)ににぎられ,応天門の変(866)後,良房を政とする。貞観(じょうがん)18年27歳で譲位。元慶(がんぎょう)3年出家。元慶4年12月4日死去。31歳。墓所は水尾山陵(みずのおやまのみささぎ)(京都市右京区)。諱(いみな)は惟仁(これひと)。別名水尾帝。法名は素真。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

せいわてんのう【清和天皇】
850‐880(嘉祥3‐元慶4)
第56代に数えられる天皇。在位858‐876年。文徳天皇と藤原良房女の女御明子との間に生まれ,名を惟仁(これひと)という。祖父仁明天皇と曾祖母の太皇太后橘嘉智子の相つぐ死によって,生後わずか9ヵ月で父文徳天皇の皇太子となり,さらに文徳天皇の急死によって,未成年の9歳で即位する異例を開いた。この異例の背後には外祖父良房の巨大な存在があり,良房は太政大臣として幼帝の大政を摂行した。いわゆる人臣摂政のはじめである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいわてんのう【清和天皇】
850~880 第五六代天皇(在位858~876)。名は惟仁これひと。文徳天皇第四皇子。八歳で即位。外祖父藤原良房が初めて人臣摂政となった。水尾帝みずのおてい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

清和天皇
せいわてんのう
(850―880)
第56代天皇(在位858~876)。文徳(もんとく)天皇第四皇子。母は藤原良房(よしふさ)の女明子(むすめあきらけいこ)。諱(いみな)は惟仁(これひと)。水尾(みずのお)帝ともいう。文徳天皇は紀名虎(きのなとら)の女静子の生んだ惟喬(これたか)親王を皇太子とすることを願っていたが、藤原氏の威勢を背景に惟仁親王が850年(嘉祥3)に立太子し、858年(天安2)9歳で即位した。幼齢であったので、外祖父良房が太政(だいじょう)大臣として大権を行使し、元服を終えた866年(貞観8)には良房に対し天下の政を摂行せよとの勅を下し、天皇成人後も良房が大権を行使するというあり方の確認を行っている。職名としての摂政(せっしょう)・関白は使われていないが、良房は摂政・関白の実を行ったと考えられる。在世中応天門が焼け落ちるという事件(866)が起こったが、律令(りつりょう)支配の困難さは深刻化していたとはいえ、概して静謐(せいひつ)のまま終わったようである。18年の在位後876年陽成(ようぜい)天皇に譲位。879年(元慶3)5月落飾(らくしょく)入道し、11月粟田山(あわたやま)荘円覚寺に遷幸し、12月4日崩御。嵯峨(さが)の水尾(みずお)陵に葬る。[森田 悌]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

清和天皇 (せいわてんのう)
生年月日:850年3月25日
平安時代前期の第56代の天皇
881年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいわ‐てんのう ‥テンワウ【清和天皇】
第五六代天皇。文徳天皇の第四皇子。母は太政大臣藤原良房の娘明子。名は惟仁(これひと)。天安二年(八五八)八歳で即位。在位中に応天門の変が起こり、その後良房が摂政となる。また、「貞観格式」を編修させた。貞観一八年(八七六)譲位、元慶三年(八七九)出家して清和院に入る。法諱は素真。水尾(みずのお)帝。嘉祥三~元慶四年(八五〇‐八八〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

清和天皇
せいわてんのう
850〜880
平安前期の天皇(在位858〜876)
文徳天皇の第4皇子。母は藤原良房の娘明子。858年9歳で即位し,外祖父良房が皇族以外で初めて摂政となった。良房の死後親政を行い,治世中に貞観格式が編集された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清和天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清和天皇の関連情報

関連キーワード

仁明天皇仁明天皇興世書主ジャヤバルマン[2世]軟骨魚類仁明天皇文徳天皇仁明天皇基礎英語

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.