Rakuten infoseek

辞書

清原夏野【きよはらのなつの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清原夏野
きよはらのなつの
[生]延暦1(782)
[没]承和4(837).10.7. 京都
平安時代初期の廷臣。小倉王の子。右大臣。初名繁野。延暦 23 (804) 年清原真人姓を賜い夏野と改めた。『日本後紀』『令義解』の編纂従事

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きよはら‐の‐なつの【清原夏野】
[782~837]平安前期の貴族学者清原家の小倉王の子で清原のを賜り、臣籍に下った。内裏式改訂令義解(りょうのぎげ)日本後紀の編集にあたった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

清原夏野 きよはらの-なつの
782-837 平安時代前期の公卿(くぎょう),漢学者。
延暦(えんりゃく)元年生まれ。小倉王の5男。清原春子の父。弘仁(こうにん)14年参議。淳和(じゅんな)天皇に信任されて従二位,右大臣にすすむ。「令義解(りょうのぎげ)」の撰定を主宰し,「日本後紀」の編修にも参加。詩文は「経国集」にみられる。承和(じょうわ)4年10月7日死去。56歳。幼名は繁野(しげの)王。通称は比(ならび)大臣,双岡(ならびがおか)大臣。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きよはらのなつの【清原夏野】
782‐837(延暦1‐承和4)
平安初期の貴族。舎人(とねり)親王の曾孫。正五位下小倉王の第5子。はじめ繁野王といったが,804年(延暦23)清原真人を賜姓されたときに夏野と改めた。803年内舎人,810年(弘仁1)蔵人,811年従五位下で大伴親王(のちの淳和天皇)の春宮亮。823年に淳和天皇が即位すると以後めざましく昇進し,まず従四位下蔵人頭・左近衛中将ついで参議,825年(天長2)従三位中納言・左衛門督,826年左近衛大将・民部卿を兼ね,830年大納言,832年右大臣となり,833年従二位。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きよはらのなつの【清原夏野】
782~837 平安初期の貴族。右大臣。舎人とねり親王の孫小倉王の子。清原真人の姓を賜り清原氏の祖となる。「令義解」の編纂者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

清原夏野
きよはらのなつの
(782―837)
平安初期の官僚。舎人(とねり)親王の孫小倉(おぐら)王の子で母は小野氏。幼名を繁野(しげの)王といったが、804年(延暦23)に父の上表により清原真人(まひと)を賜姓され、名を夏野と改めた。内舎人(うどねり)を経て、810年(弘仁1)に蔵人(くろうど)となり、淳和(じゅんな)天皇の即位に伴い蔵人頭(とう)兼左近衛(さこのえ)中将となり、ついで参議となった。825年(天長2)従三位(じゅさんみ)中納言(ちゅうなごん)兼左衛門督(さえもんのかみ)となり、左近衛大将、民部卿(きょう)などを歴任し、832年には右大臣となった。この間『日本後紀』の編纂(へんさん)に加わり、833年には『令義解(りょうのぎげ)』を撰進(せんしん)し、また『内裏式(だいりしき)』も修補した。常陸(ひたち)など3国の国守に親王を任ずる親王任国制はその提案による。詩文を愛し『経国集(けいこくしゅう)』の作者でもある。別業双岡(ならびがおか)山荘の名より比(ならび)大臣、双岡大臣ともよばれた。[佐藤宗諄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きよはら‐の‐なつの【清原夏野】
平安初期の学者。右大臣、大納言。舎人(とねり)親王の曾孫。小倉王の第五子。延暦二三年(八〇四)清原真人の姓をうけて臣籍に下る。「内裏式」の改訂、「令義解」の編集に参加。双岡(ならびがおか)大臣。比寺(ならびでら)大臣。延暦元~承和四年(七八二‐八三七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

清原夏野
きよはらのなつの
782〜837
平安初期の学者
舎人 (とねり) 親王の曽孫小倉王の第5子。右大臣・民部卿となり,京都の西方双ヶ岡 (ならびがおか) に山荘を建て双岡大臣とも称された。藤原緒嗣 (おつぐ) らと『日本後紀』を撰修。また『令義解 (りようのぎげ) 』を撰上し,内裏式の改訂にも参加した。漢詩が『経国集』に収録されている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清原夏野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清原夏野の関連情報

関連キーワード

光仁天皇勝道ウィドゥキント延暦パウルス・ディアコヌス延暦百済河成光仁天皇弘文院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.