Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

清原元輔【きよはらのもとすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清原元輔
きよはらのもとすけ
[生]延喜8(908)
[没]永祚2(990)
平安時代中期の歌人。三十六歌仙の一人。深養 (ふかやぶ) の。顕忠の子。清少納言の父。河内権少掾,周防守などを経て,従五位上肥後守にいたる。天暦5 (951) 年「梨壺の五人」に選ばれ,『後撰和歌集』の撰集と『万葉集』の訓釈に従事し,『天徳四年内裏歌合』 (960) などに出詠,屏風歌詠進も多く,歌人として活躍した。家集『元輔集』。勅撰集入撰歌は『拾遺集』以下約 105首。その洒脱な人柄が清少納言に遺伝したといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きよはら‐の‐もとすけ【清原元輔】
[908~990]平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。深養父(ふかやぶ)の孫。清少納言の父。肥後守。梨壺(なしつぼ)の五人の一人として後撰集撰進。家集「元輔集」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

清原元輔 きよはらの-もとすけ
908-990 平安時代中期の官吏,歌人。
延喜(えんぎ)8年生まれ。清原深養父(ふかやぶ)の孫。清少納言の父。肥後守。三十六歌仙のひとり。天暦(てんりゃく)5年撰和歌所寄人となり,梨壺(なしつぼ)の五人のひとりとして,「万葉集」訓釈や「後撰和歌集」の撰にあたる。「拾遺和歌集」以下の勅撰集に107首はいる。永祚(えいそ)2年6月死去。83歳。家集に「元輔集」。
【格言など】契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波越さじとは(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

清原元輔
 平安時代中頃の歌人で、清少納言[せいしょうなごん]の父にあたります。清少納言同様に三十六歌仙[さんじゅうろっかせん]の1人です。また、国司[こくし]として周防国に訪れています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きよはらのもとすけ【清原元輔】
908‐990(延喜8‐正暦1)
平安中期の歌人。深養父(ふかやぶ)の孫(一説に子),春光の子,清少納言の父。従五位上肥後守となる。951年(天暦5)に昭陽舎(梨壺)に設けられた撰和歌所の寄人(よりうど)となり,村上天皇の命を受けて,源順,大中臣能宣坂上望城,紀時文と《万葉集》に初めて訓点をつけ,《後撰和歌集》を編纂する仕事に従事する。梨壺の五人,三十六歌仙の一人。《天徳四年内裏歌合》《一条大納言為光家歌合》《三条左大臣頼忠家前栽合》に出詠。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

清原元輔
きよはらのもとすけ
(908―990)

平安中期の歌人。深養父(ふかやぶ)の孫、春光の息で、清少納言(せいしょうなごん)の父。従(じゅ)五位上、肥後守(ひごのかみ)に至る。951年(天暦5)撰(せん)和歌所寄人(よりうど)となり、梨壺(なしつぼ)の五人の一人として『万葉集』の読解を行い、『後撰(ごせん)和歌集』を撰した。歌合(うたあわせ)歌、屏風(びょうぶ)歌などを多く召され、当代の代表的歌人として活躍した。「馴(なれ)者ノ物可咲(をかし)ク云(い)ヒテ人咲(わら)ハスルヲ役ト為(す)ル翁(おきな)」(『今昔物語集』)とされて、快活明朗、歌も機知に富み流暢(りゅうちょう)で、「予(われ)ハ口ニ任セテ之(これ)ヲ詠ミ、読(よまむ)ト思フ時ハ深ク沈思ス」(『袋草紙(ふくろぞうし)』)といったという即吟型。三十六歌仙の一人で『元輔集』があり、『拾遺集』以下の勅撰集に105首入集(にっしゅう)する。

 契りきなかたみに袖(そで)をしぼりつつ末の松山波越さじとは
[杉谷寿郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きよはら‐の‐もとすけ【清原元輔】
平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。深養父(ふかやぶ)の孫。清少納言の父。肥後守。村上天皇の時、梨壺(なしつぼ)の五人の一人として「万葉集」の訓読、「後撰和歌集」の撰集にあたる。宮中歌人として活躍。家集に「元輔集」。延喜八~永祚二年(九〇八‐九九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

清原元輔
きよはらのもとすけ
908〜990
平安中期の歌人。三十六歌仙の一人
清少納言の父。「梨壺の五人」の一人として『万葉集』の研究に従事し,『後撰和歌集』を撰んだ。『拾遺和歌集』以下の勅撰集に約105首をおさめ,家集として『元輔集』がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清原元輔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清原元輔の関連情報

関連キーワード

坂上是則イブヌル・ムータッズ遺産分割塩漬け土地神風特別攻撃隊藤原師輔李克用養老山地万野風穴

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.