Rakuten infoseek

辞書

淺沼稲次郎【あさぬま いねじろう】

江戸・東京人物辞典

淺沼稲次郎
1898〜1960(明治31年〜昭和35年)【社会運動家】60年安保闘争を指揮。 演説中暗殺された社会党委員長。大正・昭和期の社会運動家・政治家。東京都三宅島出身。早大在学中に建設者同盟を組織し、卒業後は農民組合運動に投じた。1936年(昭和11)以来衆議院議員に当選9回。45年日本社会党の結成に参加。60年委員長となって安保闘争を指揮したが、10月12日、日比谷公会堂で演説中、右翼少年に刺され死亡。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淺沼稲次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淺沼稲次郎の関連情報

関連キーワード

新藤兼人[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣[各個指定]芸能部門磯崎新国際通貨問題黒人文学メタボリズム川添登安保闘争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.