Rakuten infoseek

辞書

【コン】

デジタル大辞泉

こん【混】[漢字項目]
[音]コン(呉)(漢) [訓]まじる まざる まぜる こむ
学習漢字]5年
まじりあう。「混血混合混雑混沌(こんとん)混迷混用混乱
(「」の代用字)道理に暗い。理性が働かない。「混迷
[名のり]ひろ・むら
[難読]混凝土(コンクリート)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こん・じる【混】
(サ変動詞「混ずる」が上一段化したもの)
[1] 〘自ザ上一〙 =こんずる(混)(一)
[2] 〘他ザ上一〙 =こんずる(混)(二)〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐・ず【混】
〘自他サ変〙 ⇒こんずる(混)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐・ずる【混】
[1] 〘自サ変〙 こん・ず 〘自サ変〙 ある物に他の物がまざる。まじる。また、まざって乱れる。
※名語記(1275)九「混じて、広隆寺をうづまさといひつけたる也」
[2] 〘他サ変〙 こん・ず 〘他サ変〙 ある物に他の物を混ぜ合わせる。混合する。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「今懐土望郷魂、混(コンズ)王躰於南海之浪

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひたた・く【混】
[1] 〘他カ下二〙
① 異なったものを混合する。
※成唯識論述記序釈(797頃)「混合也〔訓比多多気(ヒタタケ)〕」
※将門記承徳三年点(1099)「濁有るも濁无きも、経謂を一流に混(ヒタタク)
② 別の物を同じと思う。混同する。〔観智院本名義抄(1241)〕
※米沢本沙石集(1283)五末「禅と教と方便を守ぬるは、ひたたけて同くすべからず」
[2] 〘自カ下二〙
① 入りまじる。多くのものが雑然としている。
※源氏(1001‐14頃)須磨「人しげくひたたけたらむすまひは、いと本意なかるべし」
② しまりがなく乱れている。きちんとしていない。また、みだりに他人の意見に従う。
※紫式部日記(1010頃か)消息文「などてひたたけてさまよひさしいづべきぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

混の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.