Rakuten infoseek

辞書

混合スパイスその1【こんごうすぱいすそのいち】

食の医学館

こんごうすぱいすそのいち【混合スパイスその1】
スパイスは単独で用いるばかりでなく、数種類もしくは数十種類かを組み合わせた、混合スパイスとして用いられることも少なくありません。そうした混合スパイスの代表格が、日本のカレーライスに使われているカレー粉でしょう。
 一般に私たちが使っているカレー粉は、18世紀初頭にイギリスのC&B(クロス&ブラックウェル)社が開発した製品の流れをくむ、ヨーロッパタイプのカレー粉です。
 これはインド料理に使われる混合スパイス、ガラム・マサラをヨーロッパ人の嗜好(しこう)や料理法に合うようアレンジしたもの。
●ヨーロッパタイプのカレーの作り方のコツ
 その製法は、通常20~30種のスパイスをブレンドしたあと焙煎(ばいせん)して、さらに3~6か月の熟成を経て完成となります。
 焙煎、熟成を行うことにより、多くのスパイスの風味が渾然一体(こんぜんいったい)となってまとまり、まろやかな味わいが生まれるのが、ヨーロッパタイプのカレー粉の特徴です。
 ところで、カレーをつくるときには、カレー粉を油で炒(いた)めてから他の材料を加えるのが一般的です。
 これは、スパイスの香味成分や辛み成分のほとんどが油性で、油となじみやすいため。
 一度炒めることで、スパイスの成分が油に溶け込み、料理全体へうまくゆきわたるようになるわけです。
 ただ、このときあまり高温で炒めるとスパイスが焦げて、せっかくの風味が台無しになってしまいます。やや弱めの火加減で、じっくり香りを引き出すように炒めるのが、おいしいカレーをつくるポイントです。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

混合スパイスその1」の用語解説はコトバンクが提供しています。

混合スパイスその1の関連情報

他サービスで検索

「混合スパイスその1」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.