Rakuten infoseek

辞書

混作【コンサク】

デジタル大辞泉

こん‐さく【混作】
[名](スル)同一の耕地に2種以上の農作物を同時に栽培すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんさく【混作 mixed cropping】
同じ畑に2種類以上の作物を同時期に栽植して,ほぼ重なる期間を通して栽培する作付けの方法。作物間に主副の差はない。その目的は,組み合わせた作物が相互に補い合って気象,病害虫等による諸障害を防ぎ,また生育の仕方の違いを活用して作物間の競合を減らしながら土壌養分や空間の効率的利用をはかることにある。その方法にはムギとレンゲソウ,トウモロコシとダイズのように数畦ずつ交互に配列して栽培する交互作と,ダイズ,スイカなどの低い草丈の作物の周りに草丈の高いトウモロコシを栽培する周囲作とがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんさく【混作】
スル
一つの耕地に同時に二種類以上の作物を栽培すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

混作
こんさく
主従の区別なしに2種以上の作物を同時に同じ畑に作付けすることをいう。これには、2種以上の種子を混ぜ合わせて播(ま)く混播(こんぱ)と、うねごとに作物の種類をかえ、交互につくる方法とがある。牧草ではイネ科とマメ科作物とを混播する方法が広く行われており、交互作はサツマイモとダイズ、ダイズとトウモロコシなどが一般的な例である。混作では、異なる作物が相互に好影響を与えるので、それぞれ単作の場合より多収となるが、栽培管理作業は煩雑となる場合がある。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こん‐さく【混作】
〘名〙 同じ耕作地に二種類以上の作物を同時に同等に栽培すること。トウモロコシと大豆、サツマイモと大豆など。→間作

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

混作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

混作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.