Rakuten infoseek

辞書

淳和天皇【じゅんなてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

淳和天皇
じゅんなてんのう
[生]延暦5 (786). 京都
[没]承和7 (840).5.8. 京都
第53代の天皇(在位 823~833)。諱は大伴。日本根子天高譲彌遠(やまとねこあめたかゆずるいやとお)天皇。桓武天皇の第3皇子,母は藤原百川の娘,贈皇太旅子。大同5(810)年9月薬子の変の直後の同月13日,嵯峨天皇皇太弟に立ち,弘仁14(823)年4月即位天長1(824)年左右検非違使庁を設置し,同 3年上総国,常陸国,上野国の 3ヵ国を親王の任国に定めた。同 4年に『経国集』,同 7年に『新格式』,同 8年に『秘府略』,同 10年に『令義解』を撰進させ,同年嵯峨天皇の皇子正良親王(仁明天皇)に譲位。律令制度再建に努め,治水事業にも意を用い,漢学にも長じていた。陵墓は京都市西京区大原野南春日町の大原野西嶺上陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅんな‐てんのう〔ジユンワテンワウ〕【淳和天皇】
[786~840]第53代天皇。在位823~833。桓武天皇の第3皇子。名は大伴律令制再建に努め、また漢詩に長じた。「経国集」「令義解(りょうのぎげ)」などを作らせた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

淳和天皇 じゅんなてんのう
786-840 平安時代前期,第53代天皇。在位823-833。
延暦(えんりゃく)5年生まれ。桓武(かんむ)天皇の第3皇子。母は藤原旅子(たびこ)。平城(へいぜい)・嵯峨(さが)天皇の異母弟。嵯峨天皇の譲位をうけて即位。良吏をえらび,勘解由使(かげゆし)を復活させるなど,政治を刷新し,令(りょう)の解釈を統一する「令義解(ぎげ)」をつくる。詩文にすぐれ「凌雲集」「経国集」などに多数の作品がある。承和(じょうわ)7年5月8日死去。55歳。墓所は大原野西嶺上陵(おおはらののにしのみねのえのみささぎ)(京都市西京区)。別名は大伴親王,日本根子天高譲弥遠天皇(やまとねこあめたかゆずるいやとおのすめらみこと),西院帝。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

じゅんなてんのう【淳和天皇】
786‐840(延暦5‐承和7)
第53代に数えられる天皇。在位823‐833年。桓武天皇と妃藤原旅子との間に生まれ,名を大伴という。異母兄の嵯峨天皇の譲位によって即位した。嵯峨上皇が大内裏に近い冷然院(冷泉院)にいて重きをなし,皇太子には嵯峨上皇の皇子正良親王(のちの仁明天皇)が立ったが,淳和天皇は謙譲・温厚な性格で,兄上皇との間は円満に終始し,その在位の天長年間は政治的にはいたって安定していた。この間の史実正史《日本後紀》の散逸によって多く伝わらないが,滋野貞主による百科事典《秘府略》,清原夏野らによる養老令注釈《令義解》などの大著の成立は,淳和朝の文化的成果として特筆すべきであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅんなてんのう【淳和天皇】
786~840 第五三代天皇(在位823~833)。名は大伴。西院の帝みかどともいう。桓武天皇の皇子。漢学にすぐれ、「令義解」「経国集」を編ませた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淳和天皇
じゅんなてんのう
(786―840)
第53代天皇(在位823~833)。桓武(かんむ)天皇第3皇子。母は式家百川(ももかわ)の娘藤原旅子(たびこ)。諱(いみな)は大伴(おおとも)。薬子(くすこ)の変(810)で皇太子高岳(たかおか)親王が廃されたので、嵯峨(さが)天皇の皇太弟となり、天皇の譲位を受け即位。公卿(くぎょう)らに意見を提出させ、地方官に従来より大きな職務権限をもたせ、一方で勘解由使(かげゆし)の再置、巡察使の派遣などによって地方官の監督を強化しようとした。また清原夏野(きよはらのなつの)らの側近を登用して政治を進め、勅旨田や親王任国を置いて皇室財政を強化した。そのほか、令(りょう)の公的注釈書『令義解(りょうのぎげ)』や詩文集『経国集(けいこくしゅう)』を撰(せん)し、譲位後は主として淳和院に住んだ。遺詔により遺骨を砕いて散じたといわれる。承和(じょうわ)7年5月8日没、陵墓は京都大原野西嶺上陵(京都市西京区)。[福井俊彦]
『藤木邦彦著『日本全史3 古代』(1959・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅんな‐てんのう ジュンワテンワウ【淳和天皇】
第五三代の天皇。桓武(かんむ)天皇の第三皇子。母は藤原百川(ももかわ)の娘旅子。名は大伴(おおとも)。弘仁一四年(八二三)即位。令制の再建につとめ、また漢学に長じた。「経国集」「令義解」などを撰した。天長一〇年(八三三)、仁明天皇に譲位。在位一一年。西院帝ともいう。延暦五~承和七年(七八六‐八四〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淳和天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淳和天皇の関連情報

関連キーワード

田図マームーン堪航能力地震予知の予算真言宗全国の待機児童Zホールディングス(旧ヤフー)葛原親王嵯峨天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.