Rakuten infoseek

辞書

深海【シンカイ】

デジタル大辞泉

しん‐かい【深海】
ふかいうみ。海洋動物学では水深200メートル以上、海洋学では2000メートル以上の深さの海をいう。光が透過せず、光合成は行われない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんかい【深海】
海洋生物学では深海deep‐seaとは,水深200m以深をいい,200~3000mを漸深海帯bathyal zone(もしくはarchibenthal zone),3000m~大洋底(約6000m以浅)を深海帯abyssal zone,それ以深の海溝部を超深海帯hadal zone(もしくはultra‐abyssal zone)という。海洋の構造のうえから見ると,海表面から深度200mまでは季節変化を受け表層(表面混合層とも)と呼ばれ,それ以深200~1000mに温度が急激に下降する主躍層があり,1000~3000mまでは徐々に下降し,3000m以深はほぼ一定である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんかい【深海】
深い海。 ⇔ 浅海
海洋学では、一般に2000メートル 以深の所をさす。動物相では、大陸斜面上限の水深200メートル 以深をさす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

深海
しんかい
abyssdeep sea
どの程度の深さからを深海というかの明確な定義はない。海洋学では、一般に2000メートルより深い所をさすことが多く、1000メートル以浅に使われることはまずない。英語のabyssalという形容詞は300尋(ひろ)(約540メートル)以深をいい、深海動物相でいう深海は大陸斜面上限以深のものをいう。海底地形の深海底は深さ2000~6000メートルの海底部をさすが、そのうち深さ4000~5000メートルの部分の面積は全海底の約3分の1で、もっとも広い。[半澤正男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐かい【深海】
〘名〙
① 深い海。海の深いところ。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「高山風易起、深海水難量」
② 地理学では海面下二〇〇メートルより深い海。海洋学では一般に二〇〇〇メートルより深い海中の部分をいう。日光が届かないので暗く、水温や塩分の変化も少ない。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

深海の関連情報

関連キーワード

マイケル フェルプスライアン ロクテライアン ロクテアーロン ピアソルアーロン ピアソルアリソン フェリックスマーリーン オッティカースティ コベントリーカースティ コベントリーマイケル フェルプス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.