Rakuten infoseek

辞書

深水波【しんすいは】

海の事典

深水波
波長に比べて、水深が十分大きいときの水面を伝わる重力波。深海波、表面波とも言う。位相波速は、gを重力の加速度、λを波長、Tを 周期として、√(gλ/2π) あるいは gT/2πで与えられる。この式は水深が波長の半分より深ければ1%以下の誤差で成り立つ。エネルギーの伝播速度・群速度は位相速度の1/2である。水粒子は円軌道 を描き、その半径は深さと共に指数関数的に減少し、運動が表面近くに限られるのが表面波とも呼ばれる理由である。 (永田

出典:(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深水波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

深水波の関連情報

他サービスで検索

「深水波」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.