Rakuten infoseek

辞書

深作欣二【ふかさくきんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

深作欣二
ふかさくきんじ
[生]1930.7.3. 茨城水戸
[没]2003.1.12. 東京
映画監督。日本大学芸術学部卒業後の 1953年,東映に入社。1961年『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』で監督デビュー。1970年,アメリカ合衆国の映画会社 20世紀フォックスの映画『トラ・トラ・トラ!』の日本側場面を舛田利雄監督と共同で担当した。1973年広島を舞台にした暴力団抗争を実録タッチで描いた『仁義なき戦い』が大ヒット,シリーズ化され,その後東映は任侠路線を実録路線に転換した。手持ちカメラによる粒子の粗い映像,菅原文太らのスターから大部屋俳優までが同じ迫力で躍動するアクション演出が海外の映画監督らに影響を与えた。1982年大部屋俳優をモデルにした『蒲田行進曲』で,日本アカデミー賞監督賞など多くの賞を受賞。2000年,残虐な描写で話題を呼んだ『バトル・ロワイアル』を発表。テレビドラマの演出,脚本も多数。1994年芸術選奨文部大臣賞,1997年紫綬褒章を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふかさく‐きんじ【深作欣二】
[1930~2003]映画監督。茨城の生まれ。「風来坊探偵・赤い谷の惨劇」で監督デビュー。社会に溶け込めない人々の絶望を描き、暴力的で過激な作品を多く世に出した。代表作「仁義なき戦い」シリーズ、「魔界転生」「蒲田行進曲」「火宅の人」「バトル・ロワイアル」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

深作欣二 ふかさく-きんじ
1930-2003 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和5年7月3日生まれ。昭和28年東映にはいる。36年「風来坊探偵・赤い谷の惨劇」で監督デビュー。37年の「誇り高き挑戦」で注目され,44年アメリカ映画「トラ・トラ・トラ!」の部分監督をまかされる。のち「仁義なき戦い」シリーズ,「蒲田行進曲」などのヒット作品を生む。平成8年から日本映画監督協会理事長をつとめた。女優の中原早苗。平成15年1月12日死去。72歳。茨城県出身。日大卒。作品はほかに「柳生一族の陰謀」「火宅の人」「バトル・ロワイアル」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふかさくきんじ【深作欣二】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふかさくきんじ【深作欣二】
1930~2003 映画監督。茨城県生まれ。娯楽映画の中に鮮烈な主張を込めて、戦後アクション映画の代表的監督となった。「仁義なき戦い」シリーズ、「柳生一族の陰謀」「蒲田行進曲」「バトル・ロワイアル」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

深作欣二
ふかさくきんじ
(1930―2003)
映画監督。7月3日、茨城県生まれ。1953年(昭和28)日本大学を卒業後、東映に入社し、1961年に千葉真一主演の小品で監督に昇進。『誇り高き挑戦』(1962)、『狼(おおかみ)と豚と人間』(1964)といった現代劇に才能をみせ、そこに力強く表現された、絶望的に戦いを挑む若者たちの姿やアウトローたちの生きざまは、やがて『仁義なき戦い』シリーズ(1973~1974)のような傑出した群像ドラマとして花開いた。日本映画界の製作本数減少とともに大作を監督することが多くなり、『資金源強奪』(1975)のような小品の味わいが薄くなったのは残念だが、その後も『蒲田(かまた)行進曲』(1982)、『火宅の人』(1986)、『いつかギラギラする日』(1992)などでつねに観客の大きな支持を得た。1996年(平成8)日本映画監督協会理事長に就任(~2003)。2000年『バトル・ロワイアル』を発表、2002年12月『バトル・ロワイアル』の制作にとりかかるが翌2003年1月12日前立腺癌(ぜんりつせんがん)により死去。[岡島尚志]

資料 監督作品一覧

風来坊探偵 赤い谷の惨劇(1961)
風来坊探偵 岬を渡る黒い風(1961)
ファンキーハットの快男児(1961)
ファンキーハットの快男児 二千万円の腕(1961)
白昼の無頼漢(1961)
誇り高き挑戦(1962)
ギャング対Gメン(1962)
ギャング同盟(1963)
ジャコ万と鉄(1964)
狼と豚と人間(1964)
脅迫 おどし(1966)
カミカゼ野郎 真昼の決斗(1966)
北海の暴れ竜(1966)
解散式(1967)
博徒解散式(1968)
黒蜥蝪(とかげ)(1968)
恐喝こそわが人生(1968)
ガンマ3号 宇宙大作戦(1968)
黒薔薇(ばら)の館(やかた)(1969)
日本暴力団 組長(1969)
血染の代紋(1970)
君が若者なら(1970)
トラ・トラ・トラ!(1970)
博徒外人部隊(1971)
軍旗はためく下に(1972)
現代やくざ 人斬り与太(1972)
人斬り与太 狂犬三兄弟(1972)
仁義なき戦い(1973)
仁義なき戦い 広島死闘篇(1973)
仁義なき戦い 代理戦争(1973)
仁義なき戦い 頂上作戦(1974)
仁義なき戦い 完結篇(1974)
新仁義なき戦い(1974)
仁義の墓場(1975)
県警対組織暴力(1975)
資金源強奪(1975)
新仁義なき戦い 組長の首(1975)
暴走パニック 大激突(1976)
新仁義なき戦い 組長最後の日(1976)
やくざの墓場 くちなしの花(1976)
北陸代理戦争(1977)
ドーベルマン刑事(1977)
柳生(やぎゅう)一族の陰謀(1978)
宇宙からのメッセージ MESSAGE from SPACE(1978)
赤穂城断絶(1978)
復活の日(1980)
青春の門(1981)
魔界転生(1981)
道頓堀川(1982)
蒲田行進曲(1982)
人生劇場(1983)
里見八犬伝(1983)
上海バンスキング(1984)
火宅の人(1986)
必殺4 恨みはらします(1987)
華の乱(1988)
いつかギラギラする日(1992)
忠臣蔵外伝 四谷怪談(1994)
おもちゃ(1999)
バトル・ロワイアル(2000)
バトル・ロワイアル 特別編(2001)
バトル・ロワイアル 鎮魂歌(2003)
『深作欣二・山根貞男著『映画監督 深作欣二』(2003・ワイズ出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深作欣二」の用語解説はコトバンクが提供しています。

深作欣二の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.