Rakuten infoseek

辞書

淮南【ワイナン】

デジタル大辞泉

わい‐なん【淮南】
中国の、淮河以南、揚子江以北の地方。
中国安徽(あんき)省の工業都市。淮河中流の南岸にあり、機械工業が盛ん。人口、行政区136万(2000)。ホワイナン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わいなん【淮南 Huái nán】
中国,江蘇・安徽(あんき)両省の江北部を中心とした地域名。北緯33゜を東西に流れる淮水の南の淮北と対して使われる。淮水をに北は黄土の乾燥地で,淮南以南のモンスーン地帯と著しい違いがある。前漢時代,《淮南子(えなんじ)》で有名な淮南王劉安の淮南国がたてられ,以後,安徽省寿春を治所に淮南郡が置かれた。宋代は淮南東西2路があり,宋・金の対立以後は南北の緩衝地となる。明帝国創業の地域だが,12世紀からのちはむしろ後進地化していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

わいなん【淮南】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わいなん【淮南】
中国、淮河以南、長江以北の地。
中国、安徽あんき省の淮河中流南岸にある都市。鉄鋼・化学肥料などの工業が盛ん。ホアイナン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淮南
わいなん / ホワイナン
中国、安徽(あんき)省中部の地級市。淮河沿岸に位置する工業都市で、水陸交通の要地でもある。5市轄区、2県を管轄する(2016年時点)。人口246万2734(2010)。1950年に淮南鉱区と寿(じゅ)県、鳳台(ほうだい)、懐遠(かいえん)、鳳陽(ほうよう)の4県の一部を合併させて淮南市を設けた。淮南線(淮南―蕪湖(ぶこ))の支線である淮阜線が水家湖から分かれて市内を通り阜陽(ふよう)に通じる。
 市域内の八方山、舜耕(しゅんこう)山一帯に淮南炭田が広がり、淮北炭田とあわせて両淮炭田とよばれる。採炭の歴史は古いが、本格的に開発されたのは、1939年に日中合弁の淮南煤礦公司(ばいこうコンス)が設立されてからである。のち淮南線とともに日本の支配下に置かれた。第二次世界大戦後急速に復興し、1953年の新炭層の発見により産炭量は飛躍的に増加して、華東地区の工業発展を支える大きな力となった。2016年時点の産炭量は年間1億トン程度で、完全自動化された選炭工場をもち、コークス炭供給地としても重要である。機械工業のほか、豊富な石炭を原料に石炭化学コンビナートが建設され、電力をはじめとするエネルギー関連産業の発展も著しい。[林 和生・編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わい‐なん【淮南】
[一] 中国、淮河の南の地方。淮河以南、揚子江以北の地をさす。
[二] 中国安徽省中部の鉱工業都市。淮河南岸にある交通の要地。炭鉱、石炭化学工業コンビナートがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淮南」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淮南の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.