Rakuten infoseek

辞書

淡路平野【あわじへいや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

淡路平野
あわじへいや
兵庫県淡路島中央部,北の津名丘陵と南の諭鶴羽山地との間にある平野。東は洲本市から西は南あわじ市中部にいたる構造谷の低地で,東半分が洲本平野,西半分が三原平野に分けられる。洲本平野は丘陵段丘,沖積地が入り交じった平野で,三原平野は諭鶴羽山地の傾動的な隆起に伴ってできた複合扇状地と三角州からなる。早くから島の政治,経済,文化の中心地域。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淡路平野
あわじへいや
兵庫県南部、淡路島の中央部を占める平野。洲本(すもと)川流域の洲本平野と、三原川流域の三原平野を総称する。地塁型山地の多い淡路島のなかにあって、かなりまとまった沖積平野として開け、淡路島における農牧業の中心地として発達している。ことに出荷量が全国有数のタマネギの栽培を中心として、レタス、ハクサイの生産が多く、乳牛、ブタの飼育も県下最大規模である。平野周辺には縄文、弥生(やよい)、古墳時代の遺跡も多く、条里制の遺構もある。平野一帯には淡路島の中心地である旧城下町の洲本市をはじめ、淡路人形発祥地で園芸農業、酪農業、養豚業の中心地で温州(うんしゅう)ミカンの産地南あわじ市がある。[吉田茂樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡路平野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡路平野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.