Rakuten infoseek

辞書

淡海三船【おうみのみふね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

淡海三船
おうみのみふね
[生]養老6(722)
[没]延暦4(785).7.17. 京都
奈良時代の学者,文人。大友皇子の曾孫で,祖父は葛野王,父は池辺王。天平勝宝3 (751) 年以前には三船王と称し,同年1月に姓淡海真人を賜わった。同8年,朝廷を誹謗したかどにより禁錮刑。天平宝字2 (758) 年尾張介,同5年三河守となり,同6年に美作守。神護景雲1 (767) 年に東山道巡察使正五位上行兵部大輔兼侍従勲三等,次いで大宰大弐,宝亀3 (772) 年大学頭,文章博士となり,その後,大学頭をつとめることが多かった。延暦3 (784) 年刑部卿,翌4年刑部卿従四位下兼因幡守として死去。彼は藤原仲麻呂 (恵美押勝) のもとでは不遇で,また巡察使の任にあった当時も,過酷,独断的に事を処理したとして評判は芳しくなかった。しかし,文人学者としては,当時第一級の見識をもって知られ,光仁天皇のときには石川名足とともに国史の編纂に努力,僧籍にあった経験から仏典にも精通,宝亀1 (770) 年には『唐大和上 (鑑真) 東征伝』 (1巻) を述,同 10年には『釈摩訶衍論』について研究し,それを偽作だとしているほどである。また天平宝字6 (762) ~8年頃に,神武,綏靖,安寧などの歴代天皇の漢風諡号を撰進したことは彼の大きな業績である。漢詩集『懐風藻』の編者とする説もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうみ‐の‐みふね〔あふみ‐〕【淡海三船】
[722~785]奈良時代漢学者大学頭(だいがくのかみ)文章博士(もんじょうはかせ)・刑部大輔(ぎょうぶのたいふ)を歴任鑑真(がんじん)の来朝を記した「唐大和上東征伝(とうだいわじょうとうせいでん)」の著者とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

淡海三船 おうみの-みふね
722-785 奈良時代の官吏,漢学者。
養老6年生まれ。大友皇子の曾孫(そうそん)。わかくして出家したが,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)3年(751)勅命で還俗(げんぞく)し,淡海真人の氏姓をあたえられる。大学頭,文章博士などを歴任。歴代天皇の漢風諡号(しごう)や「懐風藻」の撰者ともいわれ,「経国集」に詩5首がのる。延暦(えんりゃく)4年7月17日死去。64歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おうみのみふね【淡海三船】
722‐785(養老6‐延暦4)
奈良時代の文官。淡三船とも記し,真人元開ともいう。大友皇子(弘文天皇)の曾孫,父は従五位上池辺王。若くして出家し元開と称した。751年(天平勝宝3)淡海真人の姓を賜り還俗,遣唐学生の一員になったがを得て渡唐しなかった。その後式部少丞,内竪などを歴任,756年,大伴古慈斐と共に朝廷を誹謗(ひぼう)したかどで禁固されたが,ゆるされて山陰道巡察使,文部少輔などを経て,763年ころ歴代天皇の漢風諡号(しごう)を撰定し,764年恵美押勝の乱のときには造池使として近江にありをあげて正五位上に進む。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうみのみふね【淡海三船】
722~785 奈良時代の漢学者。大友皇子の曽孫。僧名元開、還俗して淡海真人の姓を与えられる。刑部卿・大学頭・文章もんじよう博士などを歴任。著「唐大和上東征伝」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淡海三船
おうみのみふね
(722―785)
奈良時代の文人、官人。大友皇子(弘文(こうぶん)天皇)4世の孫で三船王とよばれたが、少年時に出家して元開(げんかい)と称し、751年(天平勝宝3)還俗(げんぞく)賜姓して淡海真人(まひと)三船となる。754年、来日した唐僧鑑真(がんじん)に親炙(しんしゃ)し、のちにその伝『唐大和上東征伝(とうだいわじょうとうせいでん)』を撰述(せんじゅつ)する。756年、藤原仲麻呂(なかまろ)(恵美押勝(えみのおしかつ))の讒(ざん)にあい、朝廷誹謗(ひぼう)の罪で捕らえられたが、まもなく許され、文武少輔(しょうふ)、侍従、東山道巡察使などの官を歴任し、大学頭(だいがくのかみ)、文章博士(もんじょうはかせ)となる。この間に「大安寺碑文」を撰述し、歴朝漢風諡号(かんぷうしごう)を撰進し、石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)とともに奈良朝末期の「文人の首(おびと)」と称された。極官は刑部卿(ぎょうぶきょう)・大学頭で因幡守(いなばのかみ)を兼ね、従(じゅ)四位下。なお、三船を奈良時代の漢詩集『懐風藻(かいふうそう)』の撰者に擬する説もあるが、未詳。[藏中 進]
『藏中進著『唐大和上東征伝の研究』(1976・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうみ‐の‐みふね【淡海三船】
奈良前期の漢詩人、漢学者。弘文天皇の曾孫。大学頭、文章(もんじょう)博士、刑部卿。著「唐大和上東征伝」。「懐風藻」の撰者ともいわれる。養老六~延暦四年(七二二‐七八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

淡海三船
おうみのみふね
722〜785
奈良時代の文人(学者)
大友皇子の曽孫。文章博士・大学頭などを歴任。石上宅嗣 (いそのかみのやかつぐ) とともに当代第一の文人と称された。『懐風藻』の撰者という説もあるが疑わしい。歴代天皇の漢風諡号を撰し,鑑真の伝記唐大和上東征伝 (とうのだいわじようとうせいでん) 』を著した。『経国集』に漢詩をおさめる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡海三船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡海三船の関連情報

関連キーワード

イスラエル王国隠公[魯]過失相殺サルゴン(2世)アスベストのクボタ・ショック0系金胎寺春秋春秋時代

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.