Rakuten infoseek

辞書

淡水【タンスイ】

デジタル大辞泉

たん‐すい【淡水】
塩分をほとんど含まない水。まみず

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たんすい【淡水】[地名]
台湾北部、淡水河河口の地名。貿易港として栄えた。タンショイ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんすい【淡水】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんすい【淡水】
塩分濃度のきわめて低い水。普通の河川水・湖沼水・地下水など。 ⇔ 鹹水かんすい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たんすい【淡水】
台湾北部、淡水江河口にある港湾都市。茶の輸出が盛ん。タンシュイ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐すい【淡水】
〘名〙
塩分をほとんど含まない水。塩分含有量の少ない水。井戸、池、河川などの水。まみず。⇔鹹水(かんすい)
※菅家文草(900頃)二・過大使房、賦雨後熱「寒沙莫趁家千里、淡水当添酒十分」
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉「寧ろ鹹水と淡水とのやうに、一つに融け合ってゐるものである」
② 友情が淡泊で変わらないことのたとえ。
※扶桑集(995‐999頃)七・橘才子見酬拙詩以本韻答謝〈源英明〉「膠漆交情斟淡水、瓊瑤麗句遏青雲

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たんすい【淡水】
台湾北西岸、淡水河の河口東岸にある港湾都市港内が浅いためジャンクによる交易がさかんで、特に一九〇〇年頃までは台湾第一の港として栄えた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.