Rakuten infoseek

辞書

淡水湖【たんすいこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

淡水湖
たんすいこ
freshwater lake
水中塩分が水1l中に 500mg以下の湖。湖を溶存成分の多少を基準にして分類したもので,地球上の湖沼のほとんどはこれに属する。 500mg以上の含有量のものは塩湖と呼んで区別する。一般にには流入口と流出口があり,このため湖水成分はほぼ一定濃度を保っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんすい‐こ【淡水湖】
淡水の湖。水中に含まれている塩類が1リットル中に0.5グラム以下の湖をいう。淡湖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんすいこ【淡水湖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんすいこ【淡水湖】
湖水中の総塩分含有量が1リットル中に500ミリグラム 以下の湖。乾燥地域・火山地域、海岸近くの湖を除く、最も普通の湖。淡湖。 ⇔ 塩湖

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淡水湖
たんすいこ
湖水中に溶存している無機塩類の濃度の合計が1リットル当り500ミリグラム(0.5‰)以下である湖。湖は水質の面から、湖水の塩分500mg/lを境に、淡水湖と塩湖に分類される。火山地域の一部の湖や潟湖(せきこ)、乾燥地域の内陸湖などを除けば、湖は一般に淡水湖である。淡水湖では、湖水の密度が水温にもっとも大きく支配されるため、全循環湖となる場合が多い。湖の水温の季節変化の状態により、温帯湖では年に2回、熱帯湖と寒帯湖では年1回、湖水は全層にわたって循環する。低緯度地方の熱帯湖のなかには、年間を通じつねに湖水が循環している例もある。また、年によって循環が全層に行き渡らず、深層水の停滞が次年度以降まで継続する湖もある(鹿児島県の池田湖など)。調和型湖沼の場合には、貧栄養湖から富栄養湖へとしだいに遷移するが、日本では、強酸性を示す酸栄養湖の存在も大きな特徴となっている。[森 和紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんすい‐こ【淡水湖】
〘名〙 湖水一リットル中に含まれる塩類が五〇〇ミリグラム以下の湖沼。淡湖。〔欧米印象記(1910)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡水湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡水湖の関連情報

関連キーワード

高尿酸血症/痛風ダイコン精液湖沼ナリジクス酸パラチオン中毒

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.