Rakuten infoseek

辞書

淀君【よどぎみ】

美術人名辞典

淀君
安土・桃山時代の武将・関白太政大臣豊臣秀吉側室近江国生。浅井長政の長女、母は織田信長の妹小谷方。名は茶々・野々。父長政歿後、母小谷方は柴田勝家と再婚。賤ヶ岳の戦で勝家が敗れ、秀吉に引きとられ側室となる。文禄2年秀頼を生み権勢をにぎるが、大坂の陣で敗れ秀頼とともに自刃。元和元年(1615)歿、48才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

よど‐ぎみ【淀君】
[1567~1615]豊臣秀吉の側室。名は茶々。父は浅井長政。母は織田信長の妹小谷の方。浅井氏滅亡後、柴田勝家に嫁いだ母とともに越前に移り、柴田氏滅亡後は秀吉の保護を受け、愛妾となった。山城城に住み、長男鶴松・次男秀頼を産んで権勢を誇ったが、大坂夏の陣で自刃。淀殿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よどぎみ【淀君】
1567‐1615(永禄10‐元和1)
豊臣秀吉の側室,秀頼の母。父は近江浅井郡小谷(おたに)城(滋賀県東浅井郡湖北町)の城主浅井長政,母は織田信長の妹お市の方(小谷方)。幼名はお茶々。1573年(天正1)信長に包囲された小谷城から母に伴われて妹2人とともに脱出し,信長の尾張清須城に入る。82年柴田勝家に再嫁した母に従い,越前北ノ庄(福井)城に入る。83年秀吉に攻められて北ノ庄は落城,勝家に殉じた母と別れ,妹2人とともに秀吉に庇護される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よどぎみ【淀君】
1567~1615 豊臣秀吉の側室。名は茶茶。淀殿とも。浅井長政の長女。母は織田信長の妹お市の方。母の再嫁先柴田勝家滅亡後、秀吉の側室となった。鶴松・秀頼の二子を産み権勢を誇ったが、大坂夏の陣で自刃。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

淀君
よどぎみ
[生]永禄10(1567)頃.近江,小谷
[没]元和1(1615).5.8. 大坂
豊臣秀吉の側室。名はちゃちゃ,のちに淀殿,西の丸殿,二の丸殿と呼ばれた。近江の武将浅井長政の長女。母は織田信長の妹お市 (→小谷の方 ) 。天正1 (1573) 年浅井郡小谷城が織田信長に攻められ落城するや母,妹2人とともに脱出,尾張清洲城に帰った。同 10年母お市の方が柴田勝家に再嫁するとこれに従って越前北庄城に入ったが,北庄は翌年羽柴秀吉に攻められ落城し,柴田勝家は滅び,母もこれに殉じた。妹2人とともに再び脱出して秀吉の保護を受け,同 17年頃に秀吉の側室となり,山城の淀城に移り,淀の女房と呼ばれた。文禄1 (92) 年頃大坂城二の丸に移り,二の丸殿と呼ばれた。同2年男児お拾 (ひろい,のちの秀頼) を産み,まもなく伏見城西の丸に移り,西の丸殿と呼ばれた。慶長8 (1603) 年徳川秀忠と小督の間に生れた千姫が秀頼に嫁し,同 10年秀忠が征夷大将軍に,秀頼が右大臣となった。同 19年京都方広寺大仏殿の造営に伴う鐘銘事件が起り,さらに大坂冬の陣が起った。元和1 (15) 年1度東西和議が成立したが,続いて夏の陣が起り,ついに大坂落城となって淀君,秀頼は自刃し,豊臣氏は滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淀君
よどぎみ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よど‐ぎみ【淀君】
安土桃山時代、豊臣秀吉の側室。ちゃちゃ、淀の者、淀の女房とも呼ばれ、淀君は江戸時代になってからの称。浅井長政の長女。母は織田信長の妹お市の方。浅井氏滅亡後、柴田勝家に再嫁した母とともに越前北庄に行き、柴田氏滅亡後、秀吉に保護され、のち側室となる。天正一七年(一五八九)淀城を与えられ、長男鶴松・次男秀頼を生み権勢が強かった。大坂夏の陣で自刃。永祿一〇~元和元年(一五六七‐一六一五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淀君」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淀君の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.