Rakuten infoseek

辞書

液体塩素【えきたいえんそ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

液体塩素
えきたいえんそ
liquid chlorine
塩素を液化したもの。塩素は液化しやすい気体で、食塩水電解によって得られる塩素ガスを加圧冷却すると、液体塩素が容易に得られる。低圧法(常圧)では、零下45℃、中圧法(約4気圧)では0℃、高圧法(約10気圧)では10~20℃に冷却する。現在では、常圧法で大部分が製造されている。塩素は反応性の高い気体で、ほとんどの金属に作用する。しかし、完全に乾燥した塩素は鉄に作用しないので、液化器、タンク、ボンベなどは鉄製である。パルプ、紙の漂白、塩化ビニルその他有機および無機薬品の製造や水道の殺菌などに用いられる。[守永健一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

液体塩素
エキタイエンソ
liquid chlorine

食塩水の電解で生成した塩素ガス中に含まれる水分を除き,加圧または常圧下で冷却して液化すると得られる.乾燥は冷却脱水と濃硫酸との向流接触により行う.乾燥塩素ガスの液化方式には,高圧水冷式(8~12 atm に加圧し水冷液化),中圧ブライン冷却式(0.5~1 atm で-30~-40 ℃ のブライン冷却液化),常圧フレオン冷却式(常圧のままフレオンの気化熱で-40~-45 ℃ に冷却液化)などがある.現在,すべて常圧法に転換しつつある.パルプ,紙のさらし,化学薬品製造に用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

液体塩素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

液体塩素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.