Rakuten infoseek

辞書

消防庁【しょうぼうちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

消防庁
しょうぼうちょう
国家行政組織法総務省設置法および消防組織法に基づき,総務省の外局として設けられた行政機関消防制度および消防準則の研究,立案,消防職員および消防団員の教育,訓練,消防統計および消防情報などに関する事務を所掌する。消防長官を長とし,総務課,消防課,予防課,防災課,救急救助課が置かれるほか,審議会として消防審議会,施設等機関として消防大学校,関連施設として独立行政法人消防研究所がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうぼう‐ちょう〔セウバウチヤウ〕【消防庁】
総務省の外局の一。消防に関する基準の立案、消防技術の研究、自治体の消防事務の指導などを行う。FDMA(Fire and Disaster Management Agency)。
《「東京消防庁」の略》東京都の特別区が連合して設置する消防機関。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうぼうちょう【消防庁】
自治省の外局であり,消防制度および消防行政運営に責任をもつ行政機関。その任務は,国民の生命・身体および財産を火災から保護するとともに,水火災または地震等の災害を防除し,被害を軽減することである。第2次世界大戦後の消防行政は総理府国家消防庁(1948設置),国家消防本部(1952設置)が担当していたが,1960年自治省発足に伴いこれに移管され,消防庁とされた。その組織,所掌事務,権限等は消防組織法(1947公布)に定められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうぼうちょう【消防庁】
総務省の外局の一。都および市町村の消防活動の指導、消防制度などの研究、消防職員の訓練などを行う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

消防庁
しょうぼうちょう
国家行政組織法および消防組織法に基づいて置かれる消防に関する行政官庁で、総務省の外局。実際の消火活動は市町村の責任とされており、消防庁では行わない。所掌事務として、消防制度・消防準則の研究・立案、防災査察その他火災予防の制度の確立、消防職員および消防団員の教養訓練の基準の研究および立案・教育訓練、消防統計および消防情報、消防思想の普及・宣伝などがある。また、災害対策基本法および大規模地震対策特別措置法に基づく地方公共団体の事務で、消防にかかわるものに関し、国と地方公共団体および地方公共団体相互間の連絡に関する事項などを行う。施設等機関には消防大学校があり、ほかに消防審議会がある。なお、消防庁は自治省の外局であったが、2001年(平成13)1月同省が総務庁などと再編統合され総務省となったのに伴い、総務省の外局となった。[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうぼう‐ちょう セウバウチャウ【消防庁】
〘名〙
① 総務省の外局(もとは自治省の外局)の一つ。消防に関する基準・準則の研究・立案・消防技術の研究、市町村消防の指導などにあたる行政機関。
※消防組織法(1947)四条の四「消防庁に消防大学校を置く」
② (「東京消防庁」の略) 東京都の区が連合して設置する消防機関で、中央に本部、各地区に方面本部があり、各消防署を指揮する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消防庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

消防庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.