Rakuten infoseek

辞書

消去【ショウキョ】

デジタル大辞泉

しょう‐きょ〔セウ‐〕【消去】
[名](スル)
消えてなくなること。また、消してなくすこと。「不安が消去する」「録画を消去する」
数学で、いくつかの未知数を含むいくつかの方程式から、未知数の数を減らすために、特定の未知数を他の未知数に置き換え、その未知数を含まない方程式を導くこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

消去
削除」のページをご覧ください

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうきょ【消去 elimination】
連立一次方程式を考えよう。(2)-(1)×2はy-3z=-8,(1)×5-(3)は6y+3z=15となる。したがって,上の連立方程式から,y,zについての連立一次方程式を得る。このように,与えられた連立方程式から未知数の数が少ない方程式を導くことを消去という。上の例の場合には,連立方程式(1),(2),(3)から未知数xを消去して,連立方程式(4),(5)を得るなどという。【丸山 正樹】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

しょうきょ【消去】
( 名 ) スル
消し去ること。消え去ること。 「悲惨な思い出は-できない」
〘数〙 代入・加減その他によって、いくつかの方程式からその中の未知数を表す文字を消し去ること。
〘心〙 条件反応を強化しないこと。また、強化しないため条件反応が生起しなくなること。 ↔ 強化

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

消去
しょうきょ
extinction
心理学用語。古典的条件づけでは強化なしで条件刺激のみ提示する手続をさし,道具的条件づけでは道具反応が生起しても強化を与えない手続をさす。さらに,このような手続の結果,条件反射または条件反応が弱められる現象をもいう。たとえば,一定の音刺激ののち餌を与えて唾液条件反射を形成し,そののち音刺激のみを提示して餌を与えない手続に変えた場合や,てこを押せば報酬を与える訓練をしたのち,てこを押しても報酬を与えない場合などである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消去」の用語解説はコトバンクが提供しています。

消去の関連情報

他サービスで検索

「消去」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.