Rakuten infoseek

辞書

消化管【しょうかかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

消化管
しょうかかん
alimentary canal; digestive tract
ともいう。より肛門までの食物の通路をいう。肛門のない扁形動物では食物の残りは口から排出される。魚類咽頭鰓裂があって外界に通じており,両生類以上では咽頭で鼻腔気管と連絡している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうか‐かん〔セウクワクワン〕【消化管】
摂取した食物を消化し、栄養を吸収する管。哺乳類では口腔咽頭(いんとう)食道小腸大腸に区別される。腸管

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

消化管
 口腔に始まり肛門に至る摂取した食物の通過する経路を構成する全体.消化器というと消化液を分泌する肝臓膵臓も含めるが消化管という場合はこれらは含めない.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうかかん【消化管 digestive tract】
消化器官のうち付属器官をのぞいた管状の部分をいい,口腔,鰓域(さいいき)(咽頭),食道,胃,小腸,大腸,肛門よりなる。脊椎動物のうち,魚類では鰓域で呼吸に関係するが,肺呼吸動物では咽頭をのぞいて呼吸路から独立する。消化管はその中を口から肛門へと食物がはこばれ,消化,吸収をうける1本の管であるが,脊椎動物では食性の多様化に対して適応的に構造,機能が変化し,哺乳類でその傾向がとくに明らかである。肉食性のものでは消化管は単純で短いが,草食性のものでは長くなり,その内腔に弁,ひだ,絨毛などが突出して,内容物の通過速度をおそくし,かつ表面積を拡大して,消化,吸収を効率的にしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうかかん【消化管】
口腔に始まり、咽頭・食道・胃・小腸・大腸を経て肛門に終わる一条の管。食物の消化・吸収を行う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消化管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

消化管の関連情報

他サービスで検索

「消化管」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.