Rakuten infoseek

辞書

海風【かいふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海風
かいふう
sea breeze
海陸の温度差が原因となって,日中に海から陸へ吹き込む。上層ではこれと逆向きの流れがある。海風の地上から鉛直方向の厚さは一般に低緯度地方で厚く,風は強い。高緯度地方では薄く,風は弱い。日本では普通 500~700mの厚さがあり,内陸へ約 30km吹き込む。4~5月に移動性高気圧に覆われたとき,および 7~8月に太平洋高気圧に覆われたときによく発達する。(→陸風

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うみ‐かぜ【海風】
海の風。海上を吹く風。
海岸地方で、日中、海から陸に向かって吹く風。穏やかな風で、海軟風ともいう。かいふう。⇔陸風(りくかぜ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐ふう【海風】
うみかぜ。⇔陸風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

海風
陽のあたる日中、比熱の低い陸地は暖まりやすく、地表では海から陸に向かって風が吹く。これを海風とよぶ。陸風と対語

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うみかぜ【海風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かいふう【海風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うみかぜ【海風】
海から吹いてくる風。海の風。うなかぜ。
海風かいふう」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいふう【海風】
海上を吹く風。
昼間、海から陸へ向かって吹く風。海軟風。うみかぜ。 ⇔ 陸風

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海風
かいふう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海風の関連情報

他サービスで検索

「海風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.