Rakuten infoseek

辞書

海里/浬【カイリ】

デジタル大辞泉

かい‐り【海里/×浬】
海面上および航海上の距離単位。1海里は、もと子午線緯度1分に相当する距離で、1852メートル。(り)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

かいり【海里】
距離の国際的単位。記号は「M」または「nm」。メートル法で、1852mと定めている。おもに航海や航空で、長い距離を表すときに用いられる。地球の表面上の緯度1分の長さにちなみ、17世紀の初めから使用された。1929年の国際水路会議で、現行の長さに決定され、日本もこれに従っている。イギリス・アメリカなど国によって、値は多少異なっている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海里
かいり
航海・航空用の距離の単位。国際単位系(SI)には含まれていないが、その他の非SI単位として示されている。イギリスの天文学者ガンターE. Gunter(1581―1626)の提案によるもので、17世紀から用いられている。地球の表面、つまり球面上を航行する便宜から、緯度1分に対する平均の長さとして採用された。したがってその距離は緯度により異なる。イギリス海軍本部およびイギリス商船は、6080フィート(1853.18メートル)を1海里とし、ほかの国では1852メートルとする。イギリスは緯度48度における経線上の距離を、ほかの国は45度における距離を採用したことによる。1929年の国際水路会議では1852メートルに統一することを勧告しており、日本もこれに従っている。ほかに電信海里といわれるものがある。これは6087フィート(1855.32メートル)を1海里とし、赤道における経線上の1分の距離をとっている。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海里/浬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海里/浬の関連情報

他サービスで検索

「海里/浬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.