Rakuten infoseek

辞書

海辺【ウミベ】

デジタル大辞泉

うみ‐べ【海辺】
海のほとり。海岸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うみ‐べた【海辺】
《「うみへた」とも》うみべ。うみばた。
「おほかたはわが名もみなと漕(こ)ぎ出でなむ世を―にみるめ少なし」〈古今・恋三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐へん【海辺】
海のほとり。うみべ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うみべ【海辺】
海のほとり。海に近い所。 -の店

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいへん【海辺】
海のそば。海のほとり。うみべ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うな‐べ【海辺】
〘名〙 うみべ。岸。
※読本・雨月物語(1776)貧福論「呂望(りょぼう)(せい)に封ぜられて民に産業(なりはひ)を教ふれば、海方(ウナベ)の人利に走りてここに来朝(きむか)ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うみ‐べ【海辺】
〘名〙 海のほとり。うみべた。うみばた。かいへん。
※万葉(8C後)一八・四〇四四「浜辺よりわがうち行かば宇美辺(ウミヘ)より迎へも来ぬか海人の釣船」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うみ‐べた【海辺】
書紀(720)神代下(丹鶴本訓)「後に海浜(ウミベタ)に遊行(いでま)して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐へん【海辺】
〘名〙
① 海のほとり。うみべ。かいほ。
※万葉(8C後)一五・三六五九・題詞「海辺望月作歌九首」
※太平記(14C後)四「是も海辺近き処なれば、毒霧御身を侵して瘴海の気冷(すさま)じく」 〔李紳‐海棠詩〕
② 連歌の分類で、海、磯など、海にかかわる語。
※私用抄(1471)「海辺に時雨・鐘・嵐などを不可然かとあそばし侍るも、仮令最初心の人のためなる哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海辺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海辺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.