Rakuten infoseek

辞書

海跡湖【かいせきこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海跡湖
かいせきこ
sea relic lake
かつて海であった場所が,外海から隔離されてできた沼沢。成因的には堰止湖 (せきとめこ) が多い。海跡湖は,(1) 砂州砂嘴発達によって海湾の一部が海からへだてられたもの (例:サロマ湖) ,(2) 陸繋島と陸岸を結ぶ2本のトンボロに囲まれてできたもの (例:イタリアのオルベテロ湖) ,八郎潟はこのタイプと考えられてきたが,最近の調査によれば二重トンボロではないらしい,(3) 沿岸州砂丘海岸に発達し,入江河口をせきとめてできたもの (例:湖山池,東郷湖) ,(4) 海進,海退あるいは陸地の沈降隆起などによってできたもの (例:宍道湖) など種々のタイプに区分される。また砂州や砂嘴などの沿岸堆積物によって外海からへだてられてはいるが,直接あるいは間接に海の影響 (海水の侵入,潮汐の変化) を受け,比較的水深が浅い湖や沼沢を潟湖 (せきこ) あるいは (かた) と呼んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいせき‐こ【海跡湖】
海湾の一部に砂嘴(さし)砂州が発達し、外海から分離されてできた潟湖(せきこ)サロマ湖浜名湖など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいせきこ【海跡湖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいせきこ【海跡湖】
砂嘴さしや砂州、沿岸州などが発達して海の一部を閉じこめてできた湖。能取湖のとろこやサロマ湖などはその例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海跡湖
かいせきこ
かつて海であった所が海と切り離されて内陸に封じ込められてできた湖沼。アルプス造山運動と同時期に、ユーラシア大陸の古地中海(テチス海)は大規模な造陸運動によってカスピ海アラル海を生じた。巨大な海跡湖はこのような造陸運動に起因してつくられたと考えられるが、このほか、砂嘴(さし)や砂州によって湾や海岸線のくぼみが海と切り離されて生じた海岸湖沼や潟湖(せきこ)もこれにあたり、さらには、気候変動に伴う海進や海退が深く関連することがある。海岸線の長い日本列島には、北海道のサロマ湖や秋田県の八郎潟など、この成因の湖が多い。[中尾欣四郎]
『平井幸弘著『湖の環境学』(1995・古今書院) ▽堀江正治著『日本の湖』(日経新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいせき‐こ【海跡湖】
〘名〙 海の一部が、堆積作用や地盤の隆起のため陸内に封じ込められてできた湖。カスピ海、アラル海、宍道湖(しんじこ)、浜名湖など。潟(かた)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海跡湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海跡湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.