辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

海老茶【えびちゃ】

色名がわかる辞典

えびちゃ【海老茶】
色名の一つ。葡萄茶とも書く。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、みがかった赤茶色のこと。古くからあった赤紫に近い葡萄えびは、ヤマブドウの古名であるエビカズラをさした色名であった。しかし近世になって音の「エビ」が魚介類の「エビ」を示す意味に変化し、イセエビの殻に似た色のこととなり、海老茶という色名が生まれた。早稲田大学のスクールカラーとして広く知られる。1905年(明治38)、野球部が米国スタンフォード大学と試合をするため渡米したとき、コーチの母校シカゴ大学の校色にならって、海老茶色のユニフォームを新調したのが始まりとされる。また、明治時代に女子学生用の袴はかまをつくったとき、高貴な色であったをさけ、海老茶を用いることが流行した。そのため当時の女子学生は紫式部のシャレで海老茶式部とも呼ばれた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海老茶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海老茶の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

他サービスで検索

「海老茶」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.