Rakuten infoseek

辞書

海老芋/蝦芋【エビイモ】

デジタル大辞泉

えび‐いも【海老芋/×蝦芋】
サトイモの一品種。形はエビ状で、柔らかい。京都市の東寺付近で栽培され、京都名物料理の芋棒(いもぼう)に使う。京芋 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えびいも【海老芋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

海老芋 (エビイモ)
植物。里芋栽培品種。トウノイモの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海老芋 (エビイモ)
植物。園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

海老芋[根菜・土物類]
えびいも
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に姫路市で生産されている。明治30年代には姫路市兼田地区で栽培されていた。水稲の台風被害がかったため、所得安定の目的で栽培が広がったという。当初は大阪の富田林に次ぐ産地であり、主に京都へ出荷された。昭和30年代に栽培の最盛期を迎えた。里芋の一種で、縞模様と曲がり具合が海老に似ていることから海老芋と呼ばれる。煮物・揚げ物に利用され、縁起物としておせち料理にも使われる。ひょうごの伝統野菜

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えび‐いも【海老芋】
〘名〙 里芋の栽培品種。京都市南部の東寺付近で栽培され、収量は多くないが、肉が柔らかく味がよい。小芋の形はやや曲がり、淡赤褐色で、エビに似ている。京都の名物料理、芋棒(いもぼう)はこの芋を使用する。葉柄も食用となる。あかだついも。
※蝶の皿(1969)〈秦恒平〉「強肴(しいざかな)は飛龍子、えびいも、ぜんまいに木の芽などで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海老芋/蝦芋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海老芋/蝦芋の関連情報

他サービスで検索

「海老芋/蝦芋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.