Rakuten infoseek

辞書

海潮音【かいちょうおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海潮音
かいちょうおん
上田敏 (びん) の訳詩集。 1905年刊。 02年頃から手がけたフランス徴派,高踏派の訳詩を集め,序として解説を施したもので,日本の象徴詩運動の先駆となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいちょう‐おん〔カイテウ‐〕【海潮音】
波の音。潮の響き。潮音。
仏語。仏・菩薩(ぼさつ)の広大な慈悲の音声があまねく聞こえることを波の音にたとえた語。潮音。
[補説]書名別項。→海潮音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいちょうおん【海潮音】[書名]
上田敏の訳詩集。明治38年(1905)刊。西欧の詩人29人の作品57編を訳したもの。日本の近代詩、特に象徴主義導入に大きな影響を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいちょうおん【海潮音】
上田敏の訳詩集。1905年(明治38)本郷書院刊。《明星》を中心に発表してきた西欧29詩人の詩57編を集めたもので,フランス詩壇の最新思潮である高踏派,象徴派に重点が置かれている。原詩の気息を生かした柔軟な翻訳で,ルコント・ド・リールの〈象〉など高踏派の壮麗な詩体は雅語を連ねた重厚な調べに移され,G.ダヌンツィオの華麗な〈の歌〉,R.ブラウニングの清新な〈春の朝〉,カール・ブッセの浪漫的な〈山のあなた〉など,いずれも名訳の誉れが高い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいちょうおん【海潮音】
海の音。打ち寄せる波の音。
仏や菩薩の説法の声。また、衆僧の読経の声。
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいちょうおん【海潮音】
訳詩集。上田敏訳。1905年(明治38)刊。フランス高踏派・象徴派の作が中心。ブッセ「山のあなた」、ベルレーヌ「落葉」などを収める。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海潮音
かいちょうおん
上田敏(びん)の訳詩集。1905年(明治38)10月、本郷書院刊。近代ヨーロッパの29人の詩人の、57編の作品を収める。「秋の日の/オロンの/ためいきの」と始まるベルレーヌの「落葉(らくえふ)」、「山のあなたの空遠く/『幸(さいはひ)』住むと人のいふ」と歌い出されるカール・ブッセの「山のあなた」、さらにはブラウニングの「春の朝」など人口に膾炙(かいしゃ)した名編が多い。訳された詩人はイギリス、ドイツ、イタリアなど多彩な顔ぶれだが、なかでもフランスのボードレール、マラルメ、ベルレーヌ、ベルハーレンなど象徴派の作品の翻訳は、日本への最初の紹介として重要である。親しみやすい用語のなかに情感を盛り込んだ翻訳は、訳者の豊かな学識と柔軟な感性や美意識をみごとに結び合わせたもので印象深い。詩における「象徴」の意味を説く「序」も重要で、近代詩の流れを大きく動かす働きをした。薄田泣菫(すすきだきゅうきん)、蒲原有明(かんばらありあけ)、北原白秋(はくしゅう)らへの直接の影響も見逃せないが、その韻律のなかに西洋の香りをみごとに定着した文学世界が、近代日本人の感性に与えた影響も、また計り知れないものがあろう。[中島国彦]
『『上田敏全訳詩集』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいちょう‐おん カイテウ‥【海潮音】
[1] 〘名〙
① 遠くから打ち寄せる海の波の音。ひたひたと寄せて来るうしおの響き。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・山城州東山建仁禅寺語録「海潮音裡別宮商底、不出来
語。仏、菩薩の、時をたがえず衆生を導き恵みを与えることを、海水が時を定めて干満するのにたとえた語。
※落梅集(1901)〈島崎藤村〉寂寥「波羅蜜の海潮音をとどろかし」 〔法華経‐普門品〕
[2] 訳詩集。上田敏訳。明治三八年(一九〇五)刊。ヨーロッパの詩人二九人の作品五七編を収める。象徴派と高踏派に重点を置き、日本の象徴詩の先駆となる。ベルレーヌの「落葉」、ブッセの「山のあなた」、ブラウニングの「春の朝(あした)」など名訳が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海潮音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海潮音の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府ベンガル分割竹島問題

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.