Rakuten infoseek

辞書

海図【かいず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海図
かいず
marine chart
陸地における地形図と同様,港湾,海岸,大洋などの海や海底の状態を縮小し,記号化した地図。船舶航海用をおもな目的として,水深,底質,航路標識沿岸の目標物,危険物,海流潮流,磁気偏差,航海上の注意事項などが記入してある。海面に記入する水深は,各国で若干異なるが,船が浅瀬に乗上げないため,低潮海面を基準にしている。地形図と違い,深さを等深線で表わさず,実際にはかった地点を数字で示し,海底の地質も,R (岩) ,S (砂) ,M () ,など記号で示す。海図は日本では海上保安庁水路部が発行し,近年,特殊海図として底質分布図,等深線図がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

海図
船の安全な航海のため、水深や沿岸の地形、浅瀬や灯台の位置、海流・潮流の情報などを詳細に記した海の案内図。出入港用から遠洋航海用など、目的に応じて海上保安庁が発行している。日本では1872(明治5)年に、当時の海軍岩手釜石港の海図をつくったのが最初法令により、一定規模以上の船は常備が義務づけられている。大きな変化があれば版される。
(2014-09-21 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かい‐ず〔‐ヅ〕【海図】
海の深さや岩礁の存在、海底の性質、潮流・航海標識など、海洋の状態を記入した航海者用の地図。総図や、大洋用の航洋図陸地付近用の航海図、沿岸用の海岸図、港内用の港泊図などがある。水深はふつう最低低潮線を基準にする。
[補説]書名別項。→海図

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいず【海図】[書名]
田久保英夫短編小説。昭和55年(1980)「新潮」誌に発表。同名の作品集は昭和60年(1985)刊行妻子と別居し、若い女と暮らす作家主人公とする七つの短編が絡み合い、一つの物語をなす。昭和61年(1986)、第37回読売文学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいず【海図 nautical chart】
航海を目的として作られる主題図で,航海に必要な水深,海底の性状,海岸地形,危険物,航路標識など水路の状況を正確かつ見やすく表現した図である。海図は13世紀に羅針盤発明と航海技術の進歩に伴ってヨーロッパで発達した。ポルトラノPortolanoという当時の海図には,通常1~2個の方位盤compass roseから放射状に出る32本の方位線と海岸線,主要な沿岸地名が描かれている。沿岸の地形や島なども当時としては正確に描かれているが,各地点の位置は相対的なもので,天文観測により経緯度を決定したものではなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいず【海図】
海の状態をくわしく記した航海者用の諸図。海の深さ、海底の性質、岩礁の位置、潮流の方向、航路標識、沿岸の見取り図などが詳細に記入してある。総図・航洋図・海岸図・航海図・雑用海図などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海図
かいず
chart
航海のためにつくられた主題図で、航海上必要な水深、底質、海岸地形、危険物、航路標識など水路の状況を正確かつ見やすく表現した図。1990年代中ごろより紙海図のほか電子海図も現れた。[佐藤任弘・桂 忠彦]

歴史

海図は航海の必要から生まれたもので、羅針盤が中国からもたらされた13世紀のヨーロッパで、航海技術の進歩とともに発達した。当時の海図はポルトラノといわれる図で、羅針盤からの多数の方位線が記入されている。15世紀以降の大航海時代には航路の開拓とともに、海の深さを記入するようになり、投影法もメルカトル図法が用いられた。日本では幕末に欧米諸国が寄港地付近を測量し海図をつくっていた。幕府も1862年(文久2)に日本近海の測量を始めたが、本格的な海図の作成は明治時代になる。70年(明治3)イギリス測量船の指導を受け、三重県の的矢(まとや)湾と尾鷲(おわせ)湾、香川県の塩飽(しわく)諸島の測量が行われ、翌71年には海軍水路局が創設され、北海道の諸港湾、岩手県の宮古(みやこ)湾と釜石(かまいし)湾が測量された。釜石湾の海図「陸中国釜石港之図」は日本の海図第一号となった。[佐藤任弘・桂 忠彦]

海図の内容

海図は航海のためにつくられるので、細部について、航海に使いやすく配慮されている。すなわち、水深の基準面は陸図の高さの基準面(東京湾平均海面)と異なり、各地ごとに潮汐(ちょうせき)観測を行い、これ以上海面が下がることがない面を定め、これを0メートルとしている。日本では最低水面が海図基準面である。投影法はメルカトル図法による。この図法では経緯線は直交する直線となり、また一定の方位を保って航走すれば、航跡は直線となり、航跡線と子午線のなす図上の角度は方位角と等しくなるので、航海上きわめて便利である。深さの表現は水深数字を記入し、等深線は補助的に使用されるために一部記されている。
 昔はおもりとロープによる測深であったから、測深地点以外を推定によって等深線で描くよりは水深数字のみを示し、航海者は自ら測深しつつ喫水(きっすい)に余裕をもって航海するのが安全であると考えられていた。現在は音響測深機が用いられ、未測区域がないように測深されているが、表現法は変わらない。音響測深により無数に得られる水深値の取捨選択は、図を見やすくし、しかも地形を的確に表現することに重点をおいてなされる。等深線は、等深線と同一の水深値が等深線の深い側に記入されないように描くのが国際的な習慣である。つまり船舶の安全のために浅所を誇張表現するわけである。陸部も、海上から見えるものを描くのが原則で、高い山の背後は省略し、海岸付近の煙突、塔、建物、灯台など顕著な目標を描いてある。[佐藤任弘・桂 忠彦]

種類

海図は航海計画用の総図(400万分の1より小縮尺)、大洋航海用の航洋図(400万~100万分の1)、陸地付近の航海図(100万~30万分の1)、沿岸用の海岸図(30万~5万分の1)、港内用の港泊図(5万分の1より大縮尺)に分けられ、それぞれの目的によって表現も省略されていく。これらの海図は、陸図のように格子状の区分をもつ連続図ではなく、縮尺、包含区域はさまざまである。これは、航海中に図を取り替えるときの船位記入の便のために同縮尺の図の間でも重複部分をとっているためであり、また包含区域と縮尺は陸地地形により適宜に変え、岬から岬まで、あるいは顕著な目標や危険な浅所を一図の中に含めるという配慮のためでもある。
 狭義の海図は総図、航洋図、航海図、海岸図、港泊図の航海用海図をいうが、広義には特殊図も含める。特殊図は海図とは別の内容をもつ航海参考用図で、大圏航法図(地球上の2地点間の最短航路を求めるための地図)、パイロットチャート(船の安全かつ経済的航行のために必要な、気象・海象・大圏航路・貿易風の限界などの情報が記載されている水路特殊図)、海流図、潮流図、位置記入用図、漁具定置箇所一覧図、磁気図、その他がある。
 一方、1990年代中ごろになってディスプレー上に海図情報を表示する電子海図が登場した。電子海図とは海図データベースなどのソフトウェアとハードウェアである電子海図表示システムをあわせたものと規定される。航海用電子海図(ENC)は航海安全に必要な海図情報を国際的に決められた技術基準により電子化した海図データベースである。これを船橋に装備された電子海図表示システム(ECDIS)で使用することにより(紙)海図同等物として船の運航に利用される。
 海上保安庁水路部(現海洋情報部)は1992年(平成4)から電子海図作成システムを整備し、98年から日本およびその周辺海域を包含する最新の小縮尺電子海図4版と主要港湾域を包含する大縮尺電子海図11版を刊行している。[佐藤任弘・桂 忠彦]

国際機関

海図は日本船舶だけでなく、国際航海をする外国船舶も使うので、国際的に統一された図式(記号や略語)に従ってつくられ、英文を併記してある。海図が陸図と違う特徴の一つは最新図を維持することである。目に見えない海底の状況は海図に頼るほかないので、海岸や海底の変化に対してはつねに測量し、毎週公表される水路通報や電子水路通報(CD-ROM)で海図を修正し、危険な浅所や沈船などは随時、無線航行警報によって周知を図っている。
 日本の海図は、日本周辺地域を中心に太平洋、インド洋を包含して刊行され、イギリス、アメリカ、フランス、ロシアは全世界について、ドイツはヨーロッパ、大西洋を、その他の国は自国周辺を刊行範囲としている。これら世界各国の海図作成機関は国際水路機関(IHO)に加盟し、水路業務の発展と国際的協力を図っており、モナコにはその恒久的な事務局が置かれている。[佐藤任弘・桂 忠彦]
『川上喜代四著『海の地図――航海用海図から海底地形図まで』(1974・朝倉書店) ▽沓名景義・坂戸直輝著『海図の読み方』新版(1989・舵社、天然社発売) ▽杉浦邦朗著『海図をつくる』(1996・交通研究協会、成山堂書店発売) ▽沓名景義・坂戸直輝著『新訂 海図の知識』改訂版(1996・成山堂書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

海図
主として航海に必要な海の状況を詳しく記載した地図.〈1〉総図:縮尺400万分の1級,〈2〉航洋図:100万分の1級,〈3〉航海図:30万分の1級,〈4〉海岸図:5万分の1級の4種はメルカトル(Gerhardus Mercator 1512-1594)の正角円筒図法で描き,〈2〉では沖合の水深や主要灯台,〈3〉では沖合から昼間見える陸上目標,〈4〉では沿岸地形の細部が記入される.〈5〉港泊図:5万分の1以上の大縮尺図は,局地的ゆえ平面として扱う平面図法により,港湾,錨地,水道が詳述される.このほか,水路特殊図として,水深,海底地質,資源,地磁気,海象などの主題図や船位決定のためのロランデッカ海図などがある.日本では海上保安庁水路部が担当し,2004(平成6)年度から航海用電子海図を作成している.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ず ‥ヅ【海図】
〘名〙 航海に用いる海の主題図。通常、海洋、港湾、島嶼付近の深浅や潮流の方向、航路標識などを明示して航海、停泊などに役立たせる。
※漂荒紀事(1848‐50頃)一「アメリカの海図を按ずるに、此地方に人の住する国なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海図」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海図の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.