Rakuten infoseek

辞書

海中【カイチュウ】

デジタル大辞泉

かい‐ちゅう【海中】
海のなか。また、海の真ん中。「海中の小島」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わた‐なか【海中】
《「わだなか」とも》の中。海上。
「ありねよし対馬の渡り―に幣(ぬさ)取り向けてはや帰り来(こ)ね」〈・六二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいちゅう【海中】
海の中。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わたなか【海中】
〔「わだなか」とも〕
海の中。 「ありねよし対馬の渡り-に幣ぬさ取り向けてはや帰り来ね/万葉集 62

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うみ‐なか【海中】
〘名〙
① 海の、表面より下の方。かいちゅう。
※武藤本竹取(9C末‐10C初)「舟をうみ中にまかり入りぬべく吹きまはして」
② 海の沖の方。海洋のまっただなか。海上。うみなかば。
土左(935頃)承平五年一月二九日「『こまつもがな』といへど、うみなかなれば、かたしかし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐ちゅう【海中】
〘名〙 海という範囲の内。海の上や海面下。現在では多く海面下をいう。
※菅家文草(900頃)三「海中不繋舟、東西南北流」
※平家(13C前)七「追討せられし時も、〈略〉件の馬にうちのって、海中に馳せ入りけるとぞ聞えし」 〔史記‐秦始皇本紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わた‐なか【海中】
〘名〙 (「わだなか」とも) 海のなか。海上。海面。わたのなか。
※万葉(8C後)一・六二「ありねよし対馬の渡り渡中(わたなか)に幣取り向けて早帰り来ね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海中の関連情報

他サービスで検索

「海中」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.