Rakuten infoseek

辞書

海上運送法【かいじょううんそうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海上運送法
かいじょううんそうほう
昭和 24年法律 187号。海上運送秩序を維持し,船舶運航事業船舶貸渡業,海上運送取扱業,海運仲立業および海運代理店業などの海上運送事業の健全な発達をはかることを目的としている法律。また,船舶運航事業者が他の舶運航事業者とする運賃および料金その他の運送条件,航路,配船ならびに積取りに関する事項を内容とする協定,契約または共同行為については,独占禁止法適用除外とすることが定められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいじょううんそう‐ほう〔カイジヤウウンソウハフ〕【海上運送法】
海上運送事業の運営を適正化・合理化することにより、輸送の安全を確保し、海上運送の利用者の利益を保護することなどを目的として、船舶運航事業、船舶貸渡業、日本船舶および船員の確保、海上運送事業に使用する船舶の規格船級などに関する行政的な指導について定めた法律。昭和24年(1949)制定

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいじょううんそう‐ほう カイジャウハフ【海上運送法】
〘名〙 海上運送の秩序を維持し、海上運送事業の健全な発達を図るため、行政的な指導などを定めた法律。昭和二四年(一九四九)公布。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海上運送法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海上運送法の関連情報

関連キーワード

アミノ安息香酸アンティオコス[3世]アンチオコス3世アンティオコス(3世)朝鮮人帰還協定アミノ安息香酸(データノート)ベネディクト ヘヴェデス防衛施設庁談合フリーター埋蔵金

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.