Rakuten infoseek

辞書

【ヨク】

デジタル大辞泉

よく【浴】[漢字項目]
[音]ヨク(呉)(漢) [訓]あびる あびせる
学習漢字]4年
水や湯などにからだをひたす。「浴室浴場浴槽温浴混浴座浴水浴入浴沐浴(もくよく)海水浴日光浴
ありがたいことを身に受ける。「浴恩」
[難読]浴衣(ゆかた)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あび・す【浴】
〘他サ下二〙 ⇒あびせる(浴)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あび・せる【浴】
〘他サ下一〙 あび・す 〘他サ下二〙
① 湯や水などをからだにかぶらせる。
(イ) 湯水でからだを清めさせる。浴びさせる。
※京大本宇治拾遺(1221頃)一三「念仏の僧に、湯わかしてあびせたてまつらんとて」
(ロ) 湯水などを他にかける。
※利休客之次第(1587)「にじりのあがりの上に花などをいけて、水をあびせたる人もありし也」
② 相手に激しく打撃を与える。
(イ) 目的物に砲撃や銃撃を集中的に加える。「十字砲火を浴びせる」
(ロ) 刀で上から切りつける。
※歌舞伎・浮世柄比翼稲妻(鞘当)(1823)二幕返し「『うぬ権八』トかかる。立廻り、権八、一太刀浴せる」
(ハ) スポーツなどで、相手を激しく攻めたてる。「連続ホームランを浴びせた」
③ 激しい調子の言葉や態度を相手に投げかける。
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉一七「『何だい、盗人猫のやうに、〈略〉』と摺違ひに毒気を浴びせて」
④ 責任、悪評、難問などを他に負わせる。
※歌舞伎・絵本合法衢(1810)五幕「勘定しないは家来筋、どうもしないと高を括って、わたしに浴せる気と見えるワ」
⑤ 相撲などで相手に自分の体をのしかける。
[語誌]→「あむす(浴)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あ・びる【浴】
〘他バ上一〙 あ・ぶ 〘他バ上二〙
① 湯、水などを体にかぶる。浴(あ)む。
※枕(10C終)二五「寝おきてあぶる湯は、はらだたしうさへぞおぼゆる」
※俳諧・曠野(1689)六「水あびよ藍干(ほす)上を踏ずとも〈釣雪〉」
② 湯をかぶる。転じて、風呂に入る。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉夏霜枯「ひと風呂あびるから、支度をしてくれ」
③ 光、ほこりなどを全身に受ける。また、非難、称賛などをまともに受ける。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「女房が夕日を浴びて」
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉雄弁家の親孝行「雷のやうな聴衆の喝采を浴(ア)びながら」
④ 刀、弾丸などで、全身に攻撃を受ける。比喩的に激しく攻撃を受ける場合にもいう。
人情本・明烏後正夢(1821‐24)初「ばッさりあびる一太刀の、深手にウ、ウーンと反返る」
⑤ 大いに飲む。鯨飲する。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「『〈略〉なぜかこよひは酒がのみたくねへ。お盃ばかり。ハイそれへあげませう』『あがらんのかな』『ナニあびるくらいさ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あ・ぶ【浴】
〘他バ上二〙 ⇒あびる(浴)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あぶ・す【浴】
[1] 〘他サ四〙 湯水などをからだにかける。あむす。
※愚管抄(1220)五「湯わかしてあぶさんとしけるに」
[2] 〘他サ下二〙 ⇒あぶせる(浴)
[補注]「色葉字類抄」の「浴 アム音欲又アフス 渥沐 已上同 又アフス」の例は四段活用か下二段活用かの判別のできない例である。→「あむす(浴)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あぶ・せる【浴】
〘他サ下一〙 あぶ・す 〘他サ下二〙
① 湯水などをからだにかける。あむす。あびせる。
※年中行事歌合(1366)一三番「灌仏は〈略〉仏に水をあぶせ奉る也」
② 責任を他に負わせる。負担をかける。あびせる。
※浄瑠璃・心中二枚絵草紙(1706頃)下「善次郎は兄にあぶせてかねぬすみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あみ‐・す【浴】
〘自サ四〙 水をあびる。水浴する。
※二十五絃(1905)〈薄田泣菫〉天馳使の歌「『あみす』族(やから)の裸子(はだかご)は、椰子の木かげに腹這ひて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あ・む【浴】
[1] 〘他マ上二〙
① 湯や水などをあびる。あびる。
※古今(905‐914)離別・三八七・詞書「源のさねが、筑紫へ湯あみむとてまかりける時に」
※人情本・清談若緑(19C中)四「何とぞ無事になさしめ給へと、密に起て水を浴(ア)み」
② 光などをいっぱいに受ける。
※有楽門(1907)〈森鴎外〉「日光を浴(ア)みたる白き掌(たなぞこ)は」
[2] 〘他マ四〙 (一)に同じ。
※書紀(720)雄略即位前(前田本訓)「穴穂天皇、沐浴(みゆアマ)むと意(おぼ)して山宮に幸(いでま)す」
[語誌]→「あむす(浴)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あむ・す【浴】
[1] 〘他サ四〙 湯水などをからだにかける。あびせる。あぶす
※万葉(8C後)一六・三八二四「さし鍋に湯沸かせ子ども櫟津(いちひつ)の檜橋より来む狐(きつね)に安牟佐(アムサ)む」
[2] 〘他サ下二〙 (一)に同じ。
※夜の寝覚(1045‐68頃)二「御湯など召して、姫君にもあむせ奉りて」
[語誌](1)「あむす」から「あぶす」→「あびす」と語形変化したが、第一の変化はmとbとの子音交替によるもので、「あむ」→「あぶ」の変化と軌を一にし、変化の時期は平安時代末期から鎌倉時代と思われる。第二の変化は「あぶ」の上一段化によって、語幹が「あび」で安定したことに伴うもので、室町末期から江戸時代に起こった。
(2)四段活用のほうが古いが、「観智院本名義抄」の「沐浴(アムス)」、「三宝絵‐下」の「大に湯をわかしてあまねく僧にあむす」、「名語記‐八」の「湯水をあむす、如何」などは、(一)か(二)かの判別のできない例である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわ・む かはむ【浴】
〘自マ上二〙 水浴する。
※東大寺本大般涅槃経平安後期点(1050頃)二四「人有りて大海に在りて浴(カハム)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よく【浴】
〘名〙
① 水や湯などにひたること。
※魚玄機(1915)〈森鴎外〉「眉目端正な顔が、迫り視るべからざる程の気高い美しさを具へて、新に浴(ヨク)を出た時には、琥珀色の光を放ってゐる」
物体をある温度に保つこと。また、その媒体。あるいはその容器を含めていう。液体を用いた水浴、油浴実験室での間接加熱にしばしば用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よく‐・す【浴】
〘自サ変〙 ⇒よくする(浴)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よく‐・する【浴】
〘自サ変〙 よく・す 〘自サ変〙
① 入浴する。水や湯をあびる。水や湯につかる。
※史記抄(1477)一四「言は流水に浴してつよく寒て寒さがやうたれば大に熱してから病出たぞと云たれば」
② 日光などを身に受ける。
※土(1910)〈長塚節〉二「おつぎは庭蓋の上に筵を敷いて暖かい日光に浴しながら切干を切りはじめた」
恩徳などの中に身を置く。恩徳などを、身にうける。ありがたく受ける。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)一〇月二三日「令新恩
※シェイクスピア(1952)〈吉田健一〉「次の相手になる幸運に浴するのはカシオの他にないじゃないか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浴の関連情報

他サービスで検索

「浴」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.