Rakuten infoseek

辞書

浮身【ウキミ】

デジタル大辞泉

うき‐み【浮(き)身】
からだの力を抜いてあおむけになり、水面に浮かぶこと。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うき‐み【浮身】
〘名〙
[一]
① 水中で全身の力をぬいてあおむけになり、手足を動かさず静かに水面に浮かんでいること。
※潮風(1920‐21)〈里見弴〉三「学習院の遊泳部で〈略〉飛び込みや浮身や潜りなどの業事(わざごと)にかけては」
② 物や事態の重さを少なくすること。また、そのやり方。
※滑稽本・素人狂言紋切形(1814)下「そこを寒公は狂言心があるから、浮身でふうわりとかかる」
[二] 越前、越後地方の遊女の一種。旅商人などの滞在中、同居して世話をする私娼。〔物類称呼(1775)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.