Rakuten infoseek

辞書

浮貸し【うきがし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浮貸し
うきがし
金融機関の役員,職員その他の従業員が,その地位を利用し,自己または第三者の利益をはかるため,金銭の貸し付け(手形割引,売渡担保その他これらに類する方法によってする金銭の交付を含む),金銭の貸借の媒介,債務の保証を行なうこと。浮貸しは,出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律により禁止されているほか,刑法上,業務上横領罪(→横領罪),詐欺罪として処罰されうる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うき‐がし【浮(き)貸し】
[名](スル)
金融機関役職員が自己または第三者の利益を図るために、その地位を利用して職務上保管している金銭を不正に貸し出す行為。
古い商習慣で、呉服・薬などの行商人に商品を貸しておき、あとで売れた分から代金を回収するやり方。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うきがし【浮貸し】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浮貸し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮貸しの関連情報

他サービスで検索

「浮貸し」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.