Rakuten infoseek

辞書

浮石【ふせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浮石
ふせき
軽石」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うき‐いし【浮(き)石】
軽石(かるいし)。
河床にある石で、一部が河底から離れ、下を水が流れているもの。
くずれやすく不安定な状態に積み重なっている石や岩。
囲碁で、根拠がなく孤立していて、相手にねらわれやすい石。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐せき【浮石】
軽石(かるいし)のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

浮石
極端に小さい気胞ができてあぶくに似た火山砕屑質の熔岩の一般的な名称.通常この語は酸性から中性の組成をもつ明るい色のものに用いられ,これらは軽く水に浮かぶ.流紋質の浮石では気泡は長く延びて新鮮な壁では真珠状あるいは絹糸状の光沢があり,粗面岩質浮石では荒れた壁をもつ細胞状になっている.塩基性の組成をもつものは暗い色で密度も大きく,一般に岩滓質浮石(scoriaceous pumice)または岩滓(scoria)とよんでいる[Hill : 1774, Granger : 1931, Tyrrell : 1952].spumaは泡,あぶく,ラテン語のpumicstanは軽石の意味.軽石,浮石などは中国の古典にも見られ,平安期の名抄にもある.由来は不明[歌代ほか : 1978].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うきいし【浮石】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふせき【浮石】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浮石
ふせき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うき‐いし【浮石】
〘名〙
① =うきいわ(浮岩)①〔和玉篇(15C後)〕
河床にある石で、一部が河底から離れて下を水が流れているもの。
トンネルなどを掘って完成まで崩れないように丸太などで支える時に、穴の上面に現われている岩石
④ 囲碁で、はっきりした活(いき)の根拠をもたない石。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐せき【浮石】
〘名〙 軽石のこと。〔音訓新聞字引(1876)〕 〔左思‐呉都賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.